デンソー、24GHz帯の準ミリ波レーダーを開発...後側方の車両を検知

デンソー、24GHz帯の準ミリ波レーダーを開発...後側方の車両を検知

  • レスポンス
  • 更新日:2017/08/10
No image

デンソーの24GHz帯の準ミリ波レーダーシステム

もっと画像を見る
デンソーは8月10日、後側方の車両を検知し、事故を低減する24GHz帯の準ミリ波レーダーを開発した、と発表した。

準ミリ波レーダーは車両のリアバンパー内に搭載。走行中、ドライバーの死角となりやすい後側方走行車両や、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知する。これにより、車線変更時に隣接車線を走行する車両の存在を通知。また、駐車場からの後退時に、右または左後方から接近してくる車両の存在を、ドライバーに注意喚起。衝突の危険性がある場合は、自動ブレーキ制御を行う。

これらの機能を実現するためには、車両の進行方向によって、検知を行う方向や範囲の切り替えが必要。今回デンソーが開発した準ミリ波レーダーは、車両前進と後退の運転操作に連動して、移相器とよばれる装置を切り替えることで、検知の方向や範囲を切り替えることを可能にした。

また、電波を送受信する回路と移相器回路をそれぞれICに集積することで、センサーの薄型化を実現。なお、今回開発した準ミリ波レーダーは、新型トヨタ『カムリ』に搭載されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガンプラの魅力発信=国内初の施設、19日にオープン-バンダイ
20代若者に人気、いま「250ccスーパースポーツバイク」が売れる理由とは
新興EVメーカーFaraday futureの新社屋のデザインがまるでSFの世界
業界内「圧倒的5位」デイリーヤマザキの不思議...赤字でも続ける「強気の理由」
もはや富裕層の「節税対策」と化したふるさと納税
  • このエントリーをはてなブックマークに追加