イブラ、ロシアW杯出場の可能性は? 過去には代表引退宣言後に復帰した選手も

イブラ、ロシアW杯出場の可能性は? 過去には代表引退宣言後に復帰した選手も

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/14
No image

元スウェーデン代表のズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

現地時間13日に2018年ロシアW杯欧州予選プレーオフ2ndレグの試合が行われ、スウェーデン代表はイタリア代表と対戦し0-0の引き分けに終わった。この結果、2戦合計1-0となったことでスウェーデンはW杯出場を決めている。これに伴い、36歳の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの代表復帰待望論が巻き起こっているが、果たして同選手が代表復帰する可能性は?

過去に、代表引退宣言しながらも復帰した選手は何人もいる。スウェーデンの国民的英雄でもあるヘンリク・ラーション氏は、2002年の日韓W杯終了後に一度代表引退を決意。しかし、2年後のEURO2004を前に国民から請われる形で復帰を決断し、母国のベスト8進出に貢献した。その後34歳で迎えた2006年ドイツW杯にもチームの中心として参加し、大会後に再び代表引退を表明している。

また、元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏もEURO2004終了後に一度代表を引退したが、2006年W杯予選で代表に復帰。ポルトガル代表は無敗で予選を突破すると、本大会ではグループリーグを首位で通過し、ラウンド16でオランダと対戦した。1-0で勝利すると、続くイングランド代表との準々決勝もPK戦の末に勝利し、準決勝に進出している。

このように、一度代表を引退した後に復帰し、チームに貢献した選手たちがいる。果たして、イブラヒモビッチがスウェーデン代表に復帰する可能性はあるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パチューカ苦戦の原因は“標高差”...後半戦へ、本田が考える解決策とは?
シティが10連勝!今季7度目の完封勝ちでレスターを一蹴...岡崎は途中出場
武藤、ハードワークで勝利に貢献! 大迫は交代出場で奮闘も、ケルンはリーグ10敗目...
後半立ち上がりの2失点目を悔やむ香川「メンタル的にそこで...」
ペップがレスターを警戒「手強いチーム。バーディは裏を抜ける選手だし岡崎は...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加