森岡、決定機逃す チームは2点差追いつきドロー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

<ベルギーリーグ:シャルルロワ2-2ワースランドベベレン>◇16日◇シャルルロワ

MF森岡亮太が所属するワースランドベベレンは、アウェーでシャルルロワと2-2で引き分けた。森岡はフル出場した。

後半20分、同28分に失点したが、同42分、森岡の蹴ったFKの2次攻撃からFWテリンがヘディングシュートを決めて1点差に迫り、同ロスタイムにはこぼれ球をMFセクが左足で押し込んで同点に追いついた。

森岡は前半45分に相手GKと1対1となる決定機を迎えたが、相手GKにはじかれ不発に終わった。しかし、FK、CKの精度の高さから幾度かチャンスを作り、相手の激しいチャージにもフィジカル負けせず、「ファウルされないと獲られない」と自信を持ってしっかりとボールを保持した。

森岡は「今までにない形、良い形でしたね」と、追いついて引き分けに持ち込んだ試合を評価したが、「前半のビッグチャンスのことが、どうしても今日の僕の一番大きかった部分。もうちょっと攻撃のところで形を作りたかったんですけれど、出来ないまま失点してしまった。その前にチャンスで決めきれておけばと思いました」と反省した。

ワースランドベベレンは2勝3分け2敗の勝ち点9で7位。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田よりインパクト残す?メキシコ紙が日本人サポのマナーに驚き(12枚)
「痛快だ! オカザキは批判する者を黙らせた!」レスター番記者が不要説に真っ向から反論
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
フォルランがネイマール&D・アウベスに苦言。「カバーニをリスペクトすべき」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加