阪神・メッセンジャーは「右足の腓骨骨折」

阪神・メッセンジャーは「右足の腓骨骨折」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

前日10日の巨人戦で打球が右足を直撃した阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)の検査結果を11日、「右足の腓骨骨折」と発表。金本知憲監督(49)は「厳しいかもわからんね」と話し、今季中の復帰は絶望的となった。

今季チームトップの11勝をマークしていた助っ人右腕は、前日の巨人戦(東京ドーム)で七回に巨人・阿部慎之助内野手(38)の放った強烈な打球が右足くるぶし付近を直撃し、負傷交代。試合途中に患部をアイシングして、東京都内の病院に向かった。午後11時半頃、横浜市内のチーム宿舎に到着した際には右足をギプスで固定し、松葉杖姿だった。

No image

10日の巨人戦、七回に阿部の打球を足に受けうずくまるメッセンジャー(右)=東京ドーム(撮影・吉澤良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加