いつの時代も汗をかいて走る萩本欽一【ザテレビジョン35周年特集】

いつの時代も汗をかいて走る萩本欽一【ザテレビジョン35周年特集】

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/10/12
No image

“最後の公演”と発表された「やっぱりコント55号」('91年、銀座・博品館劇場)に密着

ザテレビジョンが創刊35周年を迎えた。日本のテレビ史を見つめ続けてきたそのあゆみを、過去の記事からピックアップして振り返る【ザテレビジョン35周年特集】。今回は、東京・浅草の劇場から飛び出してテレビ界のトップに躍り出た、萩本欽一に注目する。テレビという“おもちゃ”を使って、縦横無尽に遊んでいるようにも感じた“欽ちゃん”の、とある「最後」を捉えた記事を紹介する。

萩本欽一インタビュー「テレビの今を語る」

■ 視聴率100%男と呼ばれたテレビ界のアイデアマン

“欽ちゃん”の愛称で親しまれる萩本欽一は、’41年5月7日、東京都台東区生まれ。コメディアンが司会をするなどという前例がなかった時代に「スター誕生!」('71年~'83年、日本テレビ系)や「オールスター家族対抗歌合戦」('72年~'86年、フジテレビ系)、「日本テレビ音楽祭」(’74年~’90年)の司会などでお茶の間の人気者に。‘70年代にニッポン放送で放送されたラジオ番組「欽ちゃんのドンといってみよう!」をテレビ番組化するというアイデアから生まれたバラエティー番組が、日本中を夢中にさせることになる。番組スタッフたちも「テレビでハガキを読む番組だって!」と嘲笑する中、5年間の構想と1年の準備期間を経て'75年にスタートしたのが、「欽ちゃんのドンとやってみよう!」(フジテレビ系)だ。

その後も、「欽ちゃんのどこまでやるの!」(’76年~’86年、テレビ朝日系)や「欽ちゃんの爆笑仮装コンテスト 全日本仮装大賞」(’80年~通算94回放送、現在の番組名は「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」)など、冠番組は次々と高視聴率を連発し、各番組の1週間の視聴率を合計して”視聴率100%”との異名で呼ばれることもあった。まだテレビでは誰もやっていないことを、次々と実現させていったのが欽ちゃんなのだ。

■ コント55号が舞台上で「最後の公演」と発表【‘91年12/20号】

欽ちゃんの原点は、東京・浅草。浅草東洋劇場にコメディアン見習いとして入った後、浅草フランス座にいた坂上二郎と出会い、’66年に「コント55号」を結成した。「なんでそうなるの!」や”欽ちゃん走り”、「飛びます、飛びます!」などのギャグが大流行した。

ザテレビジョンが劇場公演に密着した記事は、’91年11月27日~12月1日に東京・銀座の博品館劇場で行われた「やっぱりコント55号」の観劇レポート。欽ちゃんが司会やタレント業、二郎さんが俳優としてソロ活動をしていた頃に行われたもので、コント55号として「最後の公演」と舞台上で発表したことで話題となった舞台である。誰もが知っている大物芸人が汗を流して舞台を走り回り、誰もが期待するボケを期待通りにボケて、誰しもを笑いに包む会場を作りだし、観た者に感動さえ与えた。パンフレットのプログラムは、当日変更になっていたというのは、“その日に来た人にだけ見せるスペシャルな笑い”というサービス精神を感じる。カーテンコールでは、本来二郎さんのギャグである「飛びます!」を、欽ちゃんが照れながらやるという貴重なシーンも飛び出したそう。

その後、第1回の司会を務めた「24時間テレビ」(日本テレビ系)の節目となる30回目の放送(’07年)で、66歳でチャリティーマラソンに挑戦するなど、視聴者をアッと言わせる企画で身も心も走り続ける萩本欽一は、テレビ界のレジェンドのひとりといって間違いない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
萩本欽一が明かした香取慎吾との「仮装大賞」共演経緯
田中美佐子の“蕎麦の食べ方”にドン引き!? 「行儀悪い」「女優イメージ崩れた」と呆れた声
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
ビートたけしが「唯一勝てないと思った芸人」を激白 ファンからも納得の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加