バルサが22歳DFラングレ獲得で個人合意 セビージャへの違約金45億円を準備

バルサが22歳DFラングレ獲得で個人合意 セビージャへの違約金45億円を準備

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/05/16
No image

バルセロナは、セビージャDFラングレの獲得で個人合意に達したと報じられている【写真:Getty Images】

スペイン紙が報道 最終ライン補強へ、期待のフランス人DF獲得が迫る

今季のリーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の二冠を達成したバルセロナが、来季に向けた補強に成功した。セビージャのフランス人DFクレマン・ラングレの獲得で個人合意に達し、移籍金3500万ユーロ(約45億円)で獲得する可能性が浮上している。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じた。

無敗優勝の偉業に迫っていたバルセロナだったが、現地時間13日に行われた第37節でレバンテに4-5とまさかの敗戦。今季途中に獲得したコロンビア代表DFジェリー・ミナら守備陣が背信のパフォーマンスとなった。

一方でバルサは、来季に向けてDF補強に迅速に動いていた。セビージャの22歳のストッパーは、2017年1月にフランスのナンシーから加入。今季はここまで公式戦53試合に出場、UEFAチャンピオンズリーグ8強進出にも貢献していた。バルサは獲得に必要な違約金3500万ユーロを準備しているという。

バルセロナはフランス代表DFサミュエル・ウムティティとの契約延長交渉を進めているが、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出しているとも報じられている。アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得の可能性も高まるなか、フランス人コンビが来季補強の目玉になるかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメフト反則選手の会見で「日大は急落」企業採用者は
【日大タックル問題】被害者の父が『加害選手の救済』に乗り出す →「みなさんにお願いがあります」
日大アメフト内田正人前監督「強気会見」の後ろ盾
橋下徹「日大アメフト対応はなぜ最悪か」
【悪質タックル問題】日大アメフト部・内田前監督と井上コーチが緊急会見 / 視聴者からは見苦しいとの声続出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加