前田健太、好救援で評価上昇 地元メディア「勝利の方程式」起用を熱望

前田健太、好救援で評価上昇 地元メディア「勝利の方程式」起用を熱望

  • フルカウント
  • 更新日:2017/10/11
No image

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

地区シリーズで2戦連続好救援、マエケンの現地評価上昇

ダイヤモンドバックスとの地区シリーズで救援で起用され、快投を見せたドジャースの前田健太投手。2試合連続で無安打無失点で切り抜けた投球により、その評価が高まりを見せている。米メディア「ESPN LosAngeles」のラジオ番組でもその投球を絶賛。リーグ優勝決定シリーズ以降も「勝利の方程式」として起用するよう熱望している。

レギュラーシーズンで25試合に先発登板した前田は2年連続の2桁となる13勝(6敗)を記録。一方、4試合で救援登板も経験しており、デーブ・ロバーツ監督はポストシーズンで救援起用する方針を固めた。シーズン終盤から中継ぎでの登板をテストし、迎えた地区シリーズでは第2戦で1点リードの5回1死から登板。1回を無安打無失点2奪三振と好投すると、勝利投手となった。

さらに第3戦では2点リードの8回にセットアッパーを担い、同じく1回を無安打無失点2奪三振と快投を披露。安定感抜群の投球で守護神ジャンセンへとつなぎ、キャリア初のホールドをマークした。

試合後、不慣れな中継ぎという役割にも「もうだいぶ慣れてきましたし、スイッチは入りました」と話した右腕。「今はポストシーズンということで、とにかくチームの勝利に貢献したいという思いが強いので、そういう意味で、こうやって勝ち試合に投げさせてもらってチームに貢献できたということは、選手としてすごくうれしいと思います」と充実した表情を浮かべた。

そんな右腕にチームメイトや現地メディアから称賛の声が寄せられる中、「ESPN LosAngeles」のラジオ番組「MASON AND IRELAND」では今後も前田を「勝利の方程式」として起用すべきとの声が上がった。

「前田、モロー、ジャンセン」で勝利の方程式?

同番組の中でスポーツキャスターのジョーン・アイアランド氏が「ケンタ・マエダがあんなに激しく投球したのを見たことがあるか? 相手の選手をアウトに仕留めた時、感情をあらわにしていた」と言うと、同じくスポーツキャスターのスティーブ・メイソン氏も「(拳をグッと握って感情をあらわにすることで)彼はクローザーのような立ち振る舞いだったね」と気合溢れる姿に感銘を受けた様子で話した。

アイアランド氏は「ドジャースは次の(リーグ優勝決定)シリーズで彼をどのように使えるかが分かったと思う。先発が6回まで投げ、実際、ダルビッシュは素晴らしかった。そこからマエダを7回、もしくは8回に投げさせる。そしてマエダと誰かをプラスして継投していく」と今後も「勝利の方程式」に組み込むことを熱望。メイソン氏も「マエダ、モロー、ケンリー(ジャンセン)でいくだろう。昨日はモロー、マエダの順で登板させたのは、モローの起用により自信があったからだろう。よりタフな状況で投げてきたから」と同調すると、アイアランド氏は「でも、マエダの活躍を見てごらんよ。彼がどれだけ素晴らしかったことか」とモローよりも日本人右腕を評価している様子だった。

迎えるリーグ優勝決定シリーズで、前田はどのような場面で投入されるのか。地元メディアからもチームを勝利に導く快投に大きな期待が寄せられている。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コーン氏語るマー君の凄みとは 精神的タフさとチーム第一主義
アストロズのバーランダー移籍後9勝0敗で即MVP
【MLBプレーオフ】WS制覇へドジャースに追い風、腰痛シーガーがロースター復帰 指揮官明言
【MLB】イチロー44歳誕生日に祝福の声 伝説動画や全3080安打イラストの“贈り物”も
【MLBプレーオフ】ダルビッシュWS第3戦先発と監督発表「スケジュール通りで投げさせたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加