WBCで大谷の二刀流OKの見解。先発後の中4日出場禁止はなし!

WBCで大谷の二刀流OKの見解。先発後の中4日出場禁止はなし!

  • THE PAGE
  • 更新日:2016/12/01
No image

WBCでの大谷の野手出場には中4日出場禁止の特別ルールは適用されない見解だ。

来年3月に行われるWBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)で日ハムの大谷翔平(22)の二刀流起用が可能になりそうだ。この日までにTHEPAGEがメジャーリーグ機構に取材したところ「今回のルールはまだ正式決定していないが、前回までのルールでの解釈では、野手として出場する場合は、先発投手の休養日制限はあてはまらない。 次のゲームからプレーできる」と回答したものだ。

WBCには、日米韓のシーズン直前ということもあって投手の故障を防止するための特別ルールが採用されてきた。まだ第4回の正式規定は発表されていないが、2013年の前回のルールでは、投手起用については以下のように定められていた。

1試合の投球数は、1次ラウンドでは65球以下、2次ラウンドでは80球以下、準決勝、決勝は95球以下で、さらに「50球以上を投げた選手は少なくとも4日間は投げてはいけない」、「30球以上を投げた選手は少なくとも1日経過するまでは投げてはいけない」、「2日連続で投げた選手は少なくとも1日経過するまでは投げてはいけない」という出場禁止規定があった。

もちろん、大谷という二刀流プレーヤーの登場は、想定していないルールで、この規定に厳格にあてはめるのならば、大谷が先発して50球以上を投げた場合、翌日の試合から4日間は野手としての出場はできなくなる。この11月に行われたメキシコ、オランダとの強化試合では、大谷は主にDHとして出場したが、驚愕のドーム天井弾を含め、その存在感は際立っていた。
日ハムの栗山監督は、先発時にもDHに入るリアル二刀流起用には反対で、正式にメンバーに選ばれた時点で、起用法について侍ジャパンの小久保監督に提言したいと言うが、短期決戦のWBCで、先発日以外で4試合も、DH、あるいは代打起用できないのならば大きな戦力ダウン。チームの結果さえ左右する重大案件だった。

WBCの第一回優勝メンバーの里崎智也氏も、「大谷が投げた後に中4日間も野手としても使えないのならばチームの戦い方が大きく変わる。そうなると大谷は野手でしか使えないのでは」と危惧していた。

だが、今回の機構側の見解で、それらの不安も一蹴されたことになる。

そもそも、WBCのルールは、「このトーナメント大会はメジャーリーグベースボールの公式ルールの下で行われ、指名打者制と以下の特別ルールを含む」と、されていた。これは、特別ルールとして書かれていない内容以外は、すべてメジャーリーグの公式野球規則を適用するという意味だ。

前回まで発表されていたルールには、英語では「Not pitch until a minimum of four days have passed since he last pitched, if he threw 50 or more pitches when he last pitched」と書かれていた。

「Not pitch」であって「Not play」とは書かれていない。前述したようにメジャーリーグの公式野球規則が適用されるであれば、これらの特別ルールは、投手起用にだけ適用さるもので、確認するまでもなく、野手としての出場は可能だったのだ。

実は、これらの故障防止のための球数制限や、休養日制限のルールは、アメリカのリトルリーグやハイスクールベースボールで採用されているものと同じで、ほぼ同じような文言が特別ルールとして記されている。当然、この年代の選手では、二刀流選手も多いのだが、登板後、野手としての出場は可能となっている。

つまり日本では、「大谷が投げた後に野手としても中4日使えないけれど、どうする?」と、騒動となっていた特別ルール問題も、アメリカの常識にあてはめれば、それこそナンセンスで、投手としては、休養日を作らねばならないが、「野手としては休養日なしで出場できる」という解釈が当たり前だったのである。

第4回のWBCの正式な大会特別ルールの発表は、年明けになりそうだが、前大会までの同じルールで、特別な記述がない限り、大谷の二刀流には、制限は加えられないだろう。事前にNPBサイドは、大会本部に、正式見解を確認しておいたほうが良さそうだが、V奪回を狙う侍ジャパンにとって、これ以上ない朗報となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
巨人内海、亀井「35歳最強説」体現を誓う
巨人・阿部、小林に丸刈り指令!?自主トレに「バリカン持ってこい」
《2016年プロ野球お立ち台大賞!》角中勝也、比屋根渉、杉谷拳士 〜シュールなお立ち台編〜
巨人、“4年越しの恋人”マギーと合意!V奪回へ打も大補強
  • このエントリーをはてなブックマークに追加