原発除染土壌の再利用目指す 盛り土の実証実験開始

原発除染土壌の再利用目指す 盛り土の実証実験開始

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/16
No image

動画を見る(元記事へ)

環境省は、原発事故処理の除染で出た土を使って作られた試験用の盛り土を15日、報道陣に公開しました。除染廃棄物を減らすため、除染で出た土を防潮堤の盛り土などに再利用したい考えです。

福島県南相馬市の仮置き場に作られた試験用の盛り土は、全体の約2割が1キロあたり3000ベクレル以下の放射性物質濃度の土で、放射線を遮るため、その外側を汚染されていない土で覆っています。放射線量を測ったところ、除染で出た土を使って作られた場所と使っていない場所に差はありませんでした。今後も専門家と継続的に放射線量を測定するなどして、除染で出た土の再利用について検討を進めます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゲームを邪魔され激高?母親の目の前で父親“刺す”
東京ガスで不正アクセス ポイント3万8000円分被害
野田聖子の夫は「元暴力団員」報道 ネットでは賛否両論
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加