森咲智美の下ネタがセクシーすぎた 「ご立派で...」発言にファン悶々

森咲智美の下ネタがセクシーすぎた 「ご立派で...」発言にファン悶々

  • しらべぇ
  • 更新日:2019/04/16

攻めた露出を得意とし「日本一エロすぎるグラドル」の異名を持つ森咲智美が、14日に自身のツイッターを更新。その投稿はユーモア溢れるものだったが、多くの人が悩殺される事態になっているようだ。

■大きな芋を手にして…

今回の写真はいつものグラビア的なものではなく、私生活の瞬間を切り取ったもの。シチュエーションとしては商店街の中にある八百屋で商品を吟味している…といったところか。

No image

ご立派で…❤ #痴女シリーズ
— 森咲智美 (@p_tomo0812)
April 14, 2019
from Twitter

そして、彼女が手に持っているのは甘さが特徴的なさつまいも芋「紅はるか」、税込398円にふさわしいしっかり大きなサイズ感だ。

これを嬉しそうに眺める彼女、そして投稿では「ご立派で…」にハートの絵文字とかなり意味深なコメントが綴られていた。

■「お芋がエロくみえる」

外であるのにも関わらず自慢のGカップを大胆に露出、さらには大きなさつまいもに笑顔で「ご立派で…」とコメント。まさにど真ん中と言える下ネタに、多くの人は悩殺されていたようだ。

「下ネタかよ…悶々」

「お胸も溢れそう… ご立派」

「お芋がエロくみえる」

そして、さすが彼女のファン、「下ネタ言うなんて…」などと悲しむコメントは皆無。むしろこのシリーズの続編を望む声がちらほらと寄せられていた。

■どの投稿も最高

同日には、先ほどとは別のツイートも投稿されていた。胸元をアップにした一枚、シートベルトをしているため、車での移動中に撮ったものだろう。

コメントには「窮屈でした」とあり、ちょっとクスッとしてしまいそうなテイストに仕上がっている。先ほどの投稿とは一味異なるものの、こちらもシンプルに最高の一言に尽きるだろう。

No image

窮屈でした? #安全第一
— 森咲智美 (@p_tomo0812)
April 14, 2019
from Twitter

■下ネタが言える女性は…

好き嫌いが分かれやすい下ネタは、上手くいけば互いの距離感をぐっと縮める一方で、下手すると相手に引かれてしまう可能性もある。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20~60代の男性680名を対象に、「下ネタ」について調査を実施。結果、全体のおよそ4割が「下ネタのできる女性のほうがいいと思う」と回答した。

No image

色気には定評がある彼女だが、この度下ネタという武器もプラスされて、本当の「エロすぎるグラドル」になったといっても過言ではなさそうだ。

・合わせて読みたい→森咲智美、『ヤンジャン』初登場で限界露出 ギリギリ衣装は「こんなにエロくて大丈夫?」

(文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男性680名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
KinKi Kids、『ブンブブーン』でガンバレルーヤにかけた言葉が「涙出る」「優しい」と反響
峰不二子ボディ・みねりおのIカップ揺れる 「ムラムラしてちょっとだけ...」
キンプリ平野紫耀と交際継続?平祐奈の意味深インスタが「ありえない」と物議
加藤浩次、NGT山口真帆卒業に「ここがまずおかしい」 ド正論に称賛の声
坂上忍、「バイキング終了」とともに「“芸能界引退”を決意」している!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加