【日本代表】「些細なことかもしれないけど...」興梠慎三が感じた世界との差

【日本代表】「些細なことかもしれないけど...」興梠慎三が感じた世界との差

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/11/12
No image

基本技術を重視する興梠は、強豪国相手に勝利するには「勇気を持って、前から行かないと」と話す。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

ブラジル戦翌日のトレーニングでは、スタメン組はランニング中心の軽めのメニューで調整し、その他の選手たちは6対6のミニゲームなどで汗を流した。

「ものすごく、疲れました」

ブラジル戦で出場のなかった興梠慎三は、芝のついたスパイクを手に持ちながら取材に応じる。疲れたとはいえ、「1対1で負けない、攻撃では相手を剥がす、そういうのを意識してやってほしいと言われていて、すごく良いトレーニングができました」と充実の表情を浮かべる。

完敗を喫したブラジル戦をピッチの外から眺めながら、「いろいろと勉強になりました」という。

「相手の個の能力は凄いものがあった。日本はチームで戦わなければいけない。ひとりの選手に対して、ふたりで挟み込むようなプレーがもっとできれば、もっと良い試合ができたはず。まだまだ差はあるのかなという気がしますね」

具体的に興梠が感じた「差」とは?

「これを言ってはお終いかもしれないですけど、やっぱり能力ですよね。“止める・蹴る”。些細なことかもしれないですが、そこが違っていた」

だが、その「差」を埋めていかなければ、ワールドカップで日本は勝つことができない。

「そう簡単にはできない。だからこそ、こういうトレーニングで激しさをもってやることが大切。削る、という意味ではありません。ファウルしないで激しく行くようなプレーを増やしていかないと」

球際の勝負、デュエルでこれまで以上にアグレッシブさを表現し、そのなかで基本技術を正確にこなしていく。そうした地道な作業が、世界との差を埋めると興梠は考えているようだ。

強豪国から勝利をもぎ取るためには、さらに積極的な姿勢を示す必要がある。

「高い位置でボールを取らないと、ブラジルのようなチームに対しては決定機が作れないと思う。そこで剥がされるとピンチになりますが、勇気を持って、前から行かないと」

ジレンマはある。「やられないためには、後ろに引くべきだとは思いますが」。それでも、「勝利を目指すなら、前から行かないといけない」。もちろん、「時間帯によって、いかに(前から行くか、後ろに引くかを)使い分けるかが大事」になってくる。

世界のトップレベルとの差を改めて痛感しているが、興梠の言うことは一貫している。ブラジル戦の前にも、J屈指のストライカーは「前で取れるところは行かないと、本当に何もできずに終わってしまう。前から取れる時は、みんなで連動していけたらいい」と語っていた。

11月14日のベルギー戦に向けては、「やりがいのある相手。ブラジルとは違った強さがあるはず。楽しみにしています」と意気込みを口にした。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗

【欧州遠征PHOTO】日本対ブラジル戦に駆けつけた、熱いサポーターたちを激写!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
静岡の最優秀新人、清水桜が丘FW松永が決勝で同点ゴール!(6枚)
E-1選手権開幕間近...国内組“最終試験の場”でアピールに成功するのは誰だ!? DF編
来年こそ...名門・静岡学園は注目2年生たちが全国復帰を誓う(10枚)
バスケ男子日本代表 合宿公開 ラマス監督「4選手がチームの核となる」
静岡決勝でPK戦敗退...静岡学園は静岡3冠、日本一の夢叶わず(16枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加