結婚できる女性・できない女性の差は「会話力」にあった

結婚できる女性・できない女性の差は「会話力」にあった

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/06/26
No image

近年、上昇し続けている未婚率。「結婚したいのに、どうしてできないの?」と悩んでいる女性も多いだろう。高い成婚率を誇る「婚活分析アドバイザー」で、著書『『普通』の結婚が、なぜできないの?』を出版した三島光世氏は、婚活を成功させるために「男性との会話をメモすること」を勧める。会話力をぐんと高める「メモの魔法」について、三島氏が語った。

「会話力」を上げるために

結婚にいたるまでには、いくつかの大切なプロセスがあります。その1つに会話があり、見落とされがちな要素に「女性の会話力」があげられます。

No image

Photo by iStock

たまに「私は大丈夫」とか「女性には必要ない」と、自分の会話力についてかえりみない方がいます。でも、そう言っている女性たちこそ、私のところにご相談に来て、婚活が長引くことが多い、という点も申し添えておきます。

男性との会話ではメモが大事です。とくに婚活で何度も男性と会うのですから、あまり男性との会話に慣れていない人や、口ベタな人、人見知りする人は不利です。

飲み友だちくらいでしたら気軽に話せるかもしれませんが、婚活は運命の結婚相手を探しているもので、それは相手の男性も同じです。女性側も会話1つひとつから、いろいろなことをジャッジされています。

具体的な対策としては、毎回デート終了後に、彼と交わした会話の内容をメモしておきましょう。「自分の会話内容はどうだったか?」をチェックするのです。異性との関係がうまくいかない理由、結婚へ進めない理由がわかります。

会話をメモするための第1目的は、男性に「言ってはいけないこと」「触れてはいけない話題」、つまり地雷を察知するためにあります。ここでは、会話をどうやってメモしていくと、男性の地雷が事前に察知できるかを記載します。

まず、婚活しているときに出会った男性との会話を、できるだけ細かくメモしてください。一言一句、逃さないくらい覚えておき、メモに記しておきましょう。

相手がその話をしたときに、自分はどう答えたかを思い出せますか?

メールやラインなら見返すことができますが、会話は見逃してしまいがちですし、何より忘れてしまいがちです。会話の流れも、どういったニュアンスでの発言だったのかも、相手の顔色も忘れてしまいます。

ですから、デートから帰ったら、最初におこなう作業といっても過言ではありません。もしくは、帰りの電車のなかでメモしてもいいですし、化粧室に立ったときに書き留めておくのもいいでしょう。

そのひと言が運命を分ける

どうしてここまで細かいことを言うのかというと、結局、結婚までいたっていない人は、コミュニケーション能力が低いことが要因だからです。相手が何を言ってほしいかを察することができず、自分発信を優先しがちなのです。

No image

Photo by iStock

そもそも、デートにいたっている時点で、ルックスや条件については、ある程度「アリ」だと認定されています。あとは、「デートがどう進んだか?」「楽しいデートになったのか?」という、これだけの差なのです。

デートでは食事をしますし、その他の所作を観察されることもあるでしょうが、いずれにしろ会話がメインです。

ある男性から聞いた話ですが、「つき合っていない女性とエッチしたとき、そのままで終わる女性と、その後もつき合いたい女性との差は、会話力にある」そうです。

つまり、会話が上手な女性とはつき合いたい、と判断しているのです。とくに、若さではほかの女性に勝てない場合には、会話力を見られています。

会員さまの話になりますが、途中までいい関係で進んでいたのに、なぜか振られてしまった方がいました。ご本人も「何が原因なのかわかりません」とお困りでした。

そこで私が、男性との会話メモをチェックしたところ、男性がイヤがるだろう地雷が隠されていて、彼女が見事に踏んでしまっていたことがわかりました。

たとえば、こんな会話がありました。

女性「子どもができたら、何歳で自立させる? うちは両親から18歳で家を出るのが当たり前と言われていたから、そのくらいの年齢が常識だと思う」

男性「……」

女性「あくまでも一般論だけどね」

さすがに「まずい」と思ったので、フォローしたのですが、時すでに遅しです。いくらいい関係に進んでいても、フォローできる範囲を超えていました。

男性に嫌われる会話とは

男性が、ここでなぜ沈黙したのか?

No image

Photo by iStock

その理由は簡単です。彼は40代で、実家暮らしでした。家庭の事情はそれぞれですから、実家暮らし=自立していないとは限りません。いま目の前にいる相手が実家暮らしなのに、それについてダメ出しをしているようなものですね。

また、ある女性は、男性と海外旅行の話で盛り上がったそうです。その場で、自分が行ったことがある、アジアの小さな国の話をしました。

しかし、男性はその国名が出た途端に、リアクションがなくなってしまったそうです。海外旅行が好きなのはいいですが、さすがにマイナーすぎました。

じつは相手の男性は、自分が行ったことのある国、フランスやイタリア、アメリカといった欧米の話をしたかったのです。

彼女の場合、メモしていたおかげで、読み返したあとになって気づき、次からはアジアの話をひかえて、一緒に欧米の話で楽しんだそうです。アジアの話は、正式につき合い始めたあとで、いくらでもできると割りきりました。

男性は、女性に比べて、価値観をすり合わせる力が足りません。ちょっとしたひと言で「自分とは合わない」「価値観が違う」と思ってしまいます。ですから、お見合いで出会った方との会話には、極力、女性が注意するように伝えています。

まずは、男性が何を求めているかを聞き出し、自分と違うと思っても、1回は受け止め、相手に合わせた返答をするように心がけましょう。

男性の価値観を知るためにも、会話のメモは重要な作業なのです。

No image

メモするだけで結婚できた! 成婚率No.1アドバイザーが明かす魔法の「婚活メモ」レッスン。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
婚活で入会を断られ続けた、元「33歳シングルマザー」の告白
「子どもが欲しい」と口をそろえる40〜60代の婚活男性たちに言いたい!
育ちがいい人の特徴って何?男性から一目置かれる女性になろう♪
【水瓶座】今週の恋愛&セックス運 情緒不安定からの浮気はダメ絶対!
同棲宅に、半裸の彼女と浮気相手が...現場を見ちゃった男の“クールな対処法”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加