W杯出場決定に沸いたモロッコサポーター、ブリュッセルで暴徒化...警官22人負傷

W杯出場決定に沸いたモロッコサポーター、ブリュッセルで暴徒化...警官22人負傷

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/13
No image

スタジアムにも多くのモロッコサポーターが駆け付けた [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

モロッコ代表が2018 FIFAワールドカップ ロシアへの出場権を獲得し、歓喜した同代表のサポーターが、ベルギーのブリュッセルで暴動を起こしたようだ。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

モロッコ代表は11日行われたロシアW杯アフリカ最終予選の最終節で、勝ち点1差で2位につけるコートジボワール代表と対戦。アウェイでの戦いとなったが、前半にDFメディ・ベナティア(ユヴェントス)らの2ゴールでリード奪うと、後半も反撃を許さず2-0で勝利し、首位攻防戦を制して見事5度目のW杯出場を決めた。

ベルギーには多くのモロッコ人が住んでおり、W杯出場決定に歓喜したサポーターが暴徒化。ベルギー警察の発表によれば、300人以上が市の中心部で騒ぎ、中には石を投げる者もいたという。

現地時間の21時半ごろまでに警察により暴動は沈静化されたが、多くの車が燃やされたり、店のガラスが割られるなどして盗難の被害も出ている模様。警備にあたった警察官22人が負傷したことも明らかになっている。

ベルギーの内務大臣を務めるジャン・ジャンボン氏は暴動を受け、「ベルギーで許されない暴力行為が起きた」と厳しく非難。「“共生”するということはリスペクトを持って生活するということ。もちろん昼夜問わず、私たちの生活を守ってくれている警察官に対してもだ」とコメントした。

ベルギーの他、モロッコ人が多く住むオランダでも、ロッテルダム市内で発煙筒を焚いたり、警察官に対して物を投げる行為があるなど、一部サポーターが暴徒化したとの被害が報告されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“伝統の一戦” 注目の先発発表
後半立ち上がりの2失点目を悔やむ香川「メンタル的にそこで...」
ペップがレスターを警戒「手強いチーム。バーディは裏を抜ける選手だし岡崎は...」
シティが10連勝!今季7度目の完封勝ちでレスターを一蹴...岡崎は途中出場
<サッカー>W杯予選敗退国を招待する「裏W杯」開催?なぜ中国は招待されないのか―中国ネット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加