「一礼して、キス」番外編と池田エライザ×中尾暢樹の対談がベツコミに

「一礼して、キス」番外編と池田エライザ×中尾暢樹の対談がベツコミに

  • ナタリー
  • 更新日:2017/11/13

本日11月13日発売のベツコミ12月号(小学館)には、加賀やっこ「一礼して、キス」の番外編が掲載されている。

No image

ベツコミ12月号

番外編では、三神が高校2年生のときの文化祭を振り返るエピソードが展開。また加賀は、同誌にて連載中の「僕のジェラシー物語。」と2本立てで登場している。

加えて今号には、公開中の実写映画「一礼して、キス」にて、岸本杏役を演じる池田エライザ、三神曜太役を演じる中尾暢樹の対談記事も収録。2人のグラビア写真とともに掲載されている。さらに動画・映像配信サービスのdTVで配信されている「一礼して、キス」のムービーコミックにて、三神役を演じる土岐隼一が同作の魅力について語るページも収められた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
給料は?勤務内容は?風俗店の裏側をボーイ目線で描くノンフィクション1巻
RENA「雷神とリーマン」3巻発売、「主役じゃない方の僕ら」とコラボも
「ヴァニタスの手記」4巻に描き下ろし缶バッジ付きアニメイト限定版、グッズも
舞台はロサンゼルス、UMA関連の怪事件追うWeb新連載「断罪のガーディ」
【困惑】『はじめの一歩』の作者、今週のマガジンでブチ切れる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加