キャセイパシフィックグループ、8月の旅客数11%減 中国本土からは28%減

キャセイパシフィックグループ、8月の旅客数11%減 中国本土からは28%減

  • Traicy
  • 更新日:2019/09/14
No image

キャセイパシフィックグループは、2019年8月の実績をまとめ、発表した。

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空の旅客数は2,906,954人(前年同月比11.3%減)、座席利用率は79.9%(同7.2%減)となった。貨物輸送量も減少した。香港でのデモ活動激化による、香港へ向かう利用者の減少が大きく響いた。特に北東アジア(同11.8%減)や中国本土(同28.1%減)からの需要には深刻な影響を受けた。一方で、南西太平洋、北米、ヨーロッパ路線は前年比で増加した。

予約動向を鑑み、10月27日から始まる冬スケジュールで、運航便数の削減を行う。ロナルド・ラムカスタマー&コマース最高責任者は、新機材への投資や顧客体験の向上によって、「中期的には楽観的」としている。ファーストクラスとビジネスクラスの新客室、エコノミークラスの食事を刷新することを計画している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ZOZO、ヤフーへ売却の裏に前澤氏の金欠問題か...同氏の不可解な株取引でZOZOが借金
1000万円超えのポルシェ、値切ったらいくら安くなる? 交渉した結果は...
これなら超快適な車中泊が楽しめる!軽自動車用キャンピングカーキット「ネクストキャンパー」のこだわり
イオンもホレた?フランス発の自然派コスメ「イヴ・ロシェ」の正体
大人気のダイハツ「ムーヴキャンバス」は買い?購入前の要確認ポイント3つ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加