楽天、打線爆発13安打14得点! 和田恋がプロ入り初の1試合4安打&3打点

楽天、打線爆発13安打14得点! 和田恋がプロ入り初の1試合4安打&3打点

  • ベースボールキング
  • 更新日:2019/08/25
No image

楽天・平石監督

● 西武 2 - 14 楽天 ○
<17回戦・メットライフ>

楽天打線が13安打14得点と爆発。連敗を2で止め再び貯金1とし、2位・西武とのゲーム差を再び2.5に縮めた。

楽天は初回、4番・ブラッシュの2点適時二塁打で先制。今季75打点目をマークした助っ人は「打ったのはストレート。先制のチャンスだったからね。なんとか食らいついたよ」と振り返った。5回は9番・堀内の適時二塁打で3点目を奪うと、2番・島内も適時二塁打で続き4点目。さらに、浅村の28号2ランで6-0とリードを広げ、浅村は「打ったのはシンカー。しっかり振れました」と話した。

6回以降も7番・和田の3打席連続適時打などで8点を追加。今夏巨人からトレード加入した若き大砲は、プロ入り初となる1試合4安打&3打点と大暴れした。

先発の石橋は要所を締める投球。4四球を与えるなど制球に苦しんだが、6回を5安打2失点にまとめ自己記録を更新する6勝目(6敗)を挙げた。

西武は投打とも振るわず連勝は2でストップ。先発の十亀は6回途中7失点と踏ん張れず、今季5敗目(4勝)を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人がリーグ優勝記念グッズを販売 目玉は限定5個の純金ボール
長嶋名誉監督が謹慎後電話で激励した山口の活躍絶賛
館山、畠山が涙の引退「宝物」ヤクルトの思い出回顧
イスラエルに「魔法の手」日本人コーチが五輪導く
ヤクルト・館山 “左のエース”石川に感謝「背中をずっと追いかけてきました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加