世界に通用する“KIMONO”作りを。YOSHIKIが挑むロックの新たな地平【17SSウィメンズ】

世界に通用する“KIMONO”作りを。YOSHIKIが挑むロックの新たな地平【17SSウィメンズ】

  • FASHION HEADLINE
  • 更新日:2016/10/18
No image

X-JAPANのYOSHIKIがプロデュースする着物ブランド、ヨシキモノ(YOSHIKIMONO)がAmazon Fashion Week TOKYO 2017 S/S期間中の10月17日、17SSコレクションを発表。呉服屋の息子である自身のルーツを元に、伝統的な和装の概念を超える“KIMONO”作りへ意欲的に挑戦し続けるYOSHIKI氏。ランウェイの前方と中程にはピアノとドラムが置かれ、YOSHIKI氏がライブ演奏を行う中、艶やかや着物を纏ったモデルたちが行き交う演出に会場内は興奮に包まれた。

「20年以上海外で生活して、日本文化のよさが改めてわかるようになりました。僕の実家は呉服屋なので、母は日常的に着物を着ていました。ですから、日本の伝統衣装である着物にロック的な要素を加え、世界で通用するファッションにしたいという思いが“YOSHIKIMONO”を立ち上げた背景にあります」とYOSHIKI氏はコメント。深紅、メタリックカラー、ドクロ、パイソン、バラなどロックなモチーフをふんだんにあしらった着物の他、オフショルダーにミニ丈のワンピース型の着物やアート的な発想でデザインを思いついたというビニール素材のシースルー着物まで「イブニングドレスのような感覚で着るKIMONO」をコンセプトに、21体のスタイルが披露された。

ショーの中盤からはYOSHIKI氏のドラム演奏が続く中、舞台天井から大雨が降る演出に。モデルの白い肌に薄手の生地が纏わり付くセクシャルなビジュアルと、研ぎ澄まされたドラムの轟音が絡み合い、ショーはフィナーレを迎えた。

YOSHIKI氏は「アレキサンダーマックイーンのショーで雨が降る演出を見たときにショックを受けました。音楽はあくまで脇役なので、即興でピアノもドラムも演奏しました」とショーについて振り返った。今回、スーパーバイザーとしてスタイリストの祐真朋樹氏を起用した経緯については「着物の着方、ラインの美しさを守りたいと思って。音楽でもそうですが、一歩やり過ぎると保守的になってしまうので。着崩し過ぎず、洗練されたぎりぎりのラインがどこなのか、この感覚が共有できる人、ということで彼に頼みました」と回答。最後に「僕の考える“KIMONO”には賛否両論があるかもしれませんが、それでも構いません。芸術はいつもそうです。去年に引き続きショーができたことに感謝して、より多くの人に着物を知ってもらえるよう挑戦を続けたい」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川原結衣の妊娠報告をロンブー淳が批判 「アイドルなら避妊しろ」
現役アイドルがまさかすぎる形で引退を発表「この度私の妊娠が発覚しました」
石田ゆり子が“まだ独身”のワケは...「結婚しない美女優たち」のウラ事情
及川奈央 41歳会社員と結婚「自然体でいられる」
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加