TOKIO国分太一が4連覇 「2017タレント番組出演本数ランキング」発表

TOKIO国分太一が4連覇 「2017タレント番組出演本数ランキング」発表

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/12/08

【2017タレント番組出演本数ランキング/モデルプレス=12月7日】ニホンモニターは、2017年1月~11月のテレビ番組出演者データを基にした『2017タレント番組出演本数ランキング』を発表。TOKIO国分太一が4連覇を成し遂げた。

No image

(写真 : (左から)設楽統、近藤春菜 (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】TOKIO国分太一が4連覇 「2017タレント番組出演本数ランキング」発表

2017年の番組出演本数ランキングの1位は国分。2014年以降トップの座を守り続け、今回遂に4連覇を達成した。

また、2016年にブレイクタレントの座を獲得したメイプル超合金カズレーザーの勢いが止まらず、今回総合で11位、男性部門では有吉弘行と同数だが、見事ベスト10入りを果たした。

◆女性部門1位はハリセンボン近藤春菜

女性部門ではハリセンボン近藤春菜が2016年に引き続き1位を獲得。また、2016年は7位だったホラン千秋が2017年は3位と大幅にランクアップ。帯番組であるTBS「Nスタ」の司会に抜擢されたため、大きく順位を上げる結果となった。

その他、藤田ニコルが初の5位、横澤夏子が8位にランクインするなど、上位陣の顔ぶれに変動が見られた。

◆ブレイクタレントはカミナリ&ブルゾンちえみら

昨年と今年を比べ、出演番組が増加したいわゆるブレイクタレント。2017年はお笑いコンビ・カミナリが大活躍の一年となった。2016年のM-1グランプリで披露した強烈などつきツッコミと茨城訛りが注目を集め、その後一気にブレイク。2016年は5番組の出演だったが、2017年は実に235番組に急増。コンビでドラマ(NTV「ブラックリベンジ」)の出演を果たすなど、活躍の場を広げている。

その他、24時間テレビのマラソンランナーを務め話題を集めたブルゾンちえみも、2016年はわずか1番組のみの出演だったが、2017年は一気に175番組と大幅増。バラエティはもちろんドラマ(CX「人は見た目が100%」)にも抜擢。2015年のデビューからわずか数年でのブレイクとなった。

■2017テレビ番組出演本数ランキング(総合)

1位国分太一TOKIO) 671番組

2位 設楽統(バナナマン) 644番組

3位近藤春菜ハリセンボン) 498番組

4位 羽鳥慎一 471番組

5位 坂上忍 457番組

6位 上田晋也(くりぃむしちゅー) 438番組

7位 澤部佑(ハライチ) 429番組

8位 大久保佳代子(オアシズ) 423番組

9位 春日俊彰(オードリー) 412番組

10位 小峠英二(バイきんぐ) 411番組

11位有吉弘行403番組

11位カズレーザーメイプル超合金)403番組

13位 日村勇紀(バナナマン)401番組

14位 加藤浩次(極楽とんぼ)396番組

15位 若林正恭(オードリー)392番組

16位 博多大吉(博多華丸・大吉)389番組

17位 林修 387番組

18位 カンニング竹山 383番組

19位 ビビる大木 380番組

20位 ホラン千秋 376番組

■2017テレビ番組出演本数ランキング(男性)

1位国分太一TOKIO)671番組(グループでの出演:79番組)

2位 設楽統(バナナマン)644番組(グループでの出演:363番組)

3位 羽鳥慎一 471番組

4位 坂上忍 457番組

5位 上田晋也(くりぃむしちゅー)438番組(グループでの出演:201番組)

6位 澤部佑(ハライチ)429番組(グループでの出演:50番組)

7位 春日俊彰(オードリー)412番組(グループでの出演:262番組)

8位 小峠英二(バイきんぐ)411番組(グループでの出演:65番組)

9位有吉弘行403番組

9位カズレーザーメイプル超合金)403番組(グループでの出演:133番組)

■2017テレビ番組出演本数ランキング(女性)

1位近藤春菜ハリセンボン)498番組(グループでの出演:240番組)

2位 大久保佳代子(オアシズ)423番組(グループでの出演:43番組)

3位 ホラン千秋 376番組

4位 新井恵理那 360番組

5位藤田ニコル324番組

6位 指原莉乃(HKT48)319番組(グループでの出演:33番組)

7位 夏目三久 317番組

8位横澤夏子314番組

9位 マツコ・デラックス 298番組

10位 小島瑠璃子 291番組

■2017年ブレイクタレント10人

カミナリ 235番組(2016年:5番組)

ANZEN漫才 236番組(2016年:31番組)

立川志らく 246番組(2016年:67番組)

銀シャリ 186番組(2016年:9番組)

千鳥 337番組(2016年:162番組)

ブルゾンちえみ175番組(2016年:1番組)

川島海荷 248番組(2016年:84番組)

尼神インター 176番組(2016年:23番組)

サンシャイン池崎 214番組(2016年:63番組)

滝沢カレン 234番組(2016年:108番組)

■調査概要

調査項目:タレント番組出演本数 (出演番組の放送回数分をカウント)

調査期間:2017年1月1日~11月30日

対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)

※グループ出演と個人出演の合算にて集計

※アナウンサーは対象外とする

※通販番組出演者は対象外とする

※再放送番組は対象外とする

※ナレーション出演は対象外とする

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AV女優と不倫、デキ婚、シンプルにキモい...深夜番組で筋書なしのディスり合いバトルがぼっ発
伊香保温泉“黄金の湯”が汚すぎる!掃除ができない理由とは...
「陸王」第8話視聴率 自己最高更新17・5%
大門未知子の余命3カ月に 米倉涼子が意味深コメ
「とんねるずのみなさんのおかげでした」本当の終了理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加