だしいらず♪ 冷凍焼きなすで作る、ポタージュがおいしすぎる

だしいらず♪ 冷凍焼きなすで作る、ポタージュがおいしすぎる

  • オレンジページ☆デイリー
  • 更新日:2018/06/19

なすがおいしい季節です! 大量になすを手に入れたら、まとめて焼いて冷凍してみて。

凍ったまま豆乳や牛乳といっしょにフードプロセッサーでなめらかにすれば、「なすの冷製ポタージュ」の完成です。

少し手間のかかる料理ですが、このおいしさを一度味わったら、リピートすること間違いなし!
だしも入れないのに、香ばしさがやみつきになる、夏にぴったりの一品になります。

No image

【なすの冷製ポタージュ】

【材料(2人分)】
なす 3個
豆乳または牛乳 1カップ
塩 小さじ1/5

【作り方】
(1)なすは焼いて皮をむき、冷凍する。

(2)(1)を凍ったまま長さを3~4等分に切り、フードプロセッサーに入れて、豆乳または牛乳、塩を加えてなめらかにする。

【冷凍するときのポイント】
バットにのせて冷凍庫に入れ、完全に凍ってから密閉袋に入れて冷凍保存しておけば、必要なときに1個ずつ取り出せて便利。

ちなみに、料理家の大庭英子先生は、焼きなすを作るときは8~10本まとめて焼いて、シンプルに味わった残りを冷凍保存。常に「冷凍焼きなす」をストックして、思い立ったらすぐにポタージュを作っているそうです。
急な来客のときも、「冷凍焼きなす」さえあれば、極上のおもてなしができます!

ポタージュのほか、解凍してエスニック風のサラダにするのもおすすめ。

撮影/木村 拓(東京料理写真) 料理/大庭英子 文/編集部・出口
(『オレンジページ』2018年7月2日号より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夏休みのお昼ご飯に!簡単「油そば風そうめん」
【お祭り気分♪】屋台の味を再現!夏おすすめの「おつまみ棒」5選
【裏ワザ】「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
コスパ◎プチリッチな「濃厚アイス」が手作りできた!
【主菜&お弁当に◎】豚肉×ピーマンの丼が手間なし楽ちん!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加