負傷から復帰の長谷部がフル出場もフランクフルト敗れる、鎌田はベンチ外

負傷から復帰の長谷部がフル出場もフランクフルト敗れる、鎌田はベンチ外

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/17
No image

[9.16 ブンデスリーガ第4節 フランクフルト1-2アウクスブルク]

ブンデスリーガが16日、第4節2日目を行い、MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトはホームでアウクスブルクと対戦し、1-2で敗れた。膝の負傷から2試合ぶりに復帰した長谷部はボランチでフル出場したが、鎌田は2試合連続のベンチ外だった。

前半20分、右サイド深い位置でFKを獲得したアウクスブルクが先制点を奪う。DFフィリップ・マックスが鋭いボールを蹴り込むと、誰もボールに触ることができず、そのままファーサイドへ。MFラニ・ケディラがゴールに押し込んだが、記録はマックスのゴールとなった。

ビハインドを負ったフランクフルトもFWセバスティアン・アレ、MFケビン・プリンス・ボアテングを中心に反撃に出る。前半30分には長谷部もミドルシュートを狙ったが、相手DFに阻まれた。

後半開始からDFカルロス・サルセドを投入したフランクフルトは後半12分、長谷部のパスを受けたMFミヤト・ガチノビッチがシュートを放つも枠外。同14分にはガチノビッチのクロスをアレがおさめ、振り向きざまにシュートを打ったが、これもわずかに左へ外れた。

すると後半32分にアウクスブルクが追加点を奪う。自陣からのロングボールを左サイドのFWアルフレズ・フィンボガソンが落とし、MFカイウビが右足でミドルシュート。豪快な一撃をファーサイドへ叩き込み、2-0とリードを広げた。

一方のフランクフルトも後半34分、長谷部のロングフィードに抜け出したボアテングが右サイドからクロス。中央でFWルカ・ヨビッチが合わせたが、GKマルビン・ヒッツに弾かれた。それでも直後の同35分、MFジョナサン・デ・グズマンの右CKをヨビッチがファーサイドからヘディングで合わせ、1点を返した。

フランクフルトは後半43分、波状攻撃からDFティモシー・チャンドラーのシュートなどでゴールに迫るも、同点ゴールを奪うことはできず、1-2でタイムアップ。今季初勝利を挙げた前節のボルシアMG戦(1-0)に続く2連勝は果たせなかった。

●ブンデスリーガ2017-18特集

●海外組ガイド

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ケルン、大敗したドルト戦の再試合は要求せず。「審判のルール違反はあったが...」
浅野所属のシュツットガルト、練習場で不発弾発見 クラブハウスなどが立ち入り禁止に
夏にアトレティコの2選手を狙っていたバルサ。メッシが獲得を望んだ2人とは...
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加