メカドックとのコラボは伊達じゃない! 峠も楽しい『ステップワゴン モデューロX』

メカドックとのコラボは伊達じゃない! 峠も楽しい『ステップワゴン モデューロX』

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2016/11/30
No image

掲載:DIGIMONO!

メカドックでチューニングしたような仕上がり!

伝説的な自動車チューニング漫画『よろしくメカドック』とのコラボでも話題となったホンダの『ステップワゴン Modulo X(モデューロエックス)』に乗ってきました。その走りのポテンシャルは、まさに「メカドックとのコラボは伊達じゃない!」と感じさせるもの。ミニバンなのに峠道を走りながら楽しいと感じられるクルマに出会ったのは初めてです。

「Modulo X」とは量産の工程でカスタムパーツを装着した、いわばホンダ純正のチューニングカーとも呼ぶべきブランド。もちろん今回の『ステップワゴン Modulo X』もサスペンションやエアロなどの専用パーツが装着されています。それも、単にパーツを付けただけのクルマではなく、“クルマが意のままに操れるようなコントロール性”を実現するべく、テストを重ねて『ステップワゴン』に最適化されたパーツが装着された、まさにメーカーによるコダワリが詰め込まれたチューニングカーというわけです。

「X」を模したフロントグリルも専用のもの。単にデザインが変更されただけでなく、前方から取り込んだ空気を車体の下に流し、車体を安定させる効果も実現しています。

車体後部のディフューザーは、車体の下を流れてきた空気を整流し、風のレールの上を走っているような効果を狙ったもの。

ホイールだけでなくサスペンションも専用にチューニングされたもの。ベースモデルから15mm車高が下げられ、バネレートや減衰力も最適化されています。

内装に目を向けると、シートも専用のもので「Modulo X」のロゴが入ります。

独特のインテリアカラーもさることながら、なんと9型のカーナビも専用のもの。オープニング画面にはロゴが大きく表示されます。

チューニングの内容については、このクルマのために書き下ろされた『よろしくメカドック STEP WGN Modulo Xの巻』で詳しく解説されていますので、そちらを見ていただくとして、実際に乗ってみて驚いたのはその走り。元々『ステップワゴン』はミニバンとしては車体の剛性が高く、初めてドライブした時から「足回りを固めたら面白いかも」と思っていたのですが、実際に足を固めたModulo Xの面白さは予想以上でした。

背の高いミニバンにも関わらず、細い峠道を右に左にハンドルを切りながら下って行くのが非常に楽しい! 試乗コースに峠道が設定されていた理由がよくわかりました。それでいて高速道路での安定性も抜群。「Honda SENSING」と呼ばれる自動ブレーキやクルーズコントロール、それにカメラで車線を監視して、逸脱しそうになるとハンドルを操作してくれる機能までセットになった予防安全機能も搭載しているので安心感が高いです。これなら、スポーティなクルマに乗っていた人でもミニバンに乗り換える気になるのでは?

と、なんだか『メカドック』の設定そのままの感想ですが、実際に筆者も欲しくなってしまいました。漫画を読んで気になった人は、一度試乗してみてはいかがでしょうか。

文・写真/増谷茂樹

関連サイト
製品情報

関連記事
『よろしくメカドック』約30年ぶりの復活! そのきっかけはデジモノステーションの連載でした
安心をプラスする最先端の予防安全技術【よろしくデジテック】
「よろしくデジテック」記事一覧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
【CES 17】米ファラデー、テスラ対抗EVはミラーレスに
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加