B・ケプカがパッティング4位から最下位へ 名コーチとのタッグも2日目には届かず

B・ケプカがパッティング4位から最下位へ 名コーチとのタッグも2日目には届かず

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2020/08/01

3日目はパター復調なるか?|撮影:GettyImages<WGC-フェデックス・セントジュード招待 2日目◇30日◇TPCサウスウインド(テネシー州)◇7277ヤード・パー70>

初日は26パットで「62」をマークし、首位に立ったブルックス・ケプカ(米国)。しかし、2日目は34パットで「71」と伸ばせず「何が悪いのか、分からない」と苦しい表情をみせた。

ケプカのドライバースイングはインパクトが

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加