ウー・レイ、ベストゴールはバルサ戦の同点弾「大きな意味があった」

ウー・レイ、ベストゴールはバルサ戦の同点弾「大きな意味があった」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/08/01
No image

バルサ戦の得点をベストゴールに挙げたウー・レイ

エスパニョールの中国代表FWウー・レイが、『CGTN Sports Scene』のテレビインタビューで、クラブや自身について語っている。

ウー・レイはセグンダ(2部)降格を受けて、目標は「一日も早く1部に復帰すること」だとし、チームの実力は「最下位のチームのものではない。自信を持っている」と主張した。
また、同FWはここまでの自身のパフォーマンスレベルには満足しているようだ。

「1年半前に来た時はこんな風になるとは思っていなかった。かなり順応してきたし、ラ・リーガのレベルの高さも理解してきたので、良い感じだね」

さらに同選手は自身のベストゴールについて振り返り、1月に行われたFCバルセロナ戦での同点ゴールがそれに値することを明かした。

「エスパニョールが苦しい戦いをしていたからこそ、カタルーニャ・ダービーの得点は大きな意味があった。最後のチャンスで得点してチームに貢献したことで、クラブの自信につながり、盛り上がりを見せてくれた」

同一戦、1点ビハインド(1-2)で迎えた88分、ウー・レイはFWマティアス・バルガスのスルーパスから抜け出して、ペナルティエリアに侵入すると、右足で同点弾をマークした。途中出場ながら、勝ち点1獲得に貢献している。

【告知】8月10日(月・祝)13時からラ・リーガ交流会ラ・リーガからの参加賞特典もあるかも!?詳しくはコチラ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加