ヤクルトがドラ1木沢尚文と仮契約「1年目から即戦力に」背番号20に決意

ヤクルトがドラ1木沢尚文と仮契約「1年目から即戦力に」背番号20に決意

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21
No image

契約交渉を終え、つば九郎調で1年目の目標を記入したドラフト1位・木沢

ヤクルトからドラフト1位指名を受けた木沢尚文投手(22)=慶大=が20日、都内で入団交渉に臨み、契約金9000万円、年俸1400万円で仮契約した。背番号は「20」に決まった。(金額は推定)

金屏風の前に座ると、柔和な表情を見せた。今後は職業になる野球。木沢は「1年目から即戦力になることが大事。ヤクルトスワローズのために、勝利に貢献したい」と意気込んだ。またスケッチブックには、つば九郎調で「かいまくいちぐん」と目標を記入。プロ1年目で目指していく道筋を立てた。

本拠地・神宮のスターの一人だ。木沢は最速155キロを誇るパワーピッチャーで、球団からは先発として期待が寄せられている。担当スカウトの山本哲哉氏が9年間背負った背番号を託されることが決まり、「伊藤智さんであったり担当スカウトの山本さんも背負っていた。大事な20番だと思っています。チームのために尽くすという信念を持ってやっていきたい」と木沢。投手陣再建を目指すチームの救世主となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加