近藤真彦、退所について所属タレントらに報告せず 東山紀之も苦言

近藤真彦、退所について所属タレントらに報告せず 東山紀之も苦言

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

ジャニーズ事務所(2019年7月18日撮影)

東山紀之(54)が2日、レギュラーを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」(日曜午前5時50分)に生出演し、先月末をもってジャニーズ事務所を退所した近藤真彦(56)について「退所の仕方に大きな疑問が残っている」などと苦言を呈した。

近藤は昨年11月に週刊文春で不倫を報じられ、活動自粛中の退所となった。東山は「後輩たちにも、ファンの人たちにも何の説明をしていない。説明をしたくなかったのか、することが出来なかったのか、それともこれからするのか。どうなっていくのかを見ていく必要がある」とし、「僕らはたくさんのファンの人たちに支えられている。それに向き合うのが礼儀のひとつだと思う」と真摯(しんし)な対応を求めた。

親しい関係者によると、先月中旬に近藤が退所を申し入れて以降、同30日に退所するまで、所属タレントやスタッフ、業界関係者らに近藤から報告はほとんどなかったという。東山は「マッチさんのために自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方をたくさん知っているので、その人たちの思いをどう受け取っているのか」とも述べ、その上で「退所のコメントでも薄っぺらく聞こえる」と語った。

近藤からジャニーズ事務所の“長男役”を引き継ぐ形となった東山は、責任感をにじませると共に、最後は「これからマッチさんがどういう生きざまを見せてくれるのかを、見せてほしい」と辛口を交えてエールを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加