クラブ史に名を刻む可能性も...ポステコグルー監督がELへ意気込み「成長し続けることが大切」

クラブ史に名を刻む可能性も...ポステコグルー監督がELへ意気込み「成長し続けることが大切」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/11/25
No image

レヴァークーゼン戦へ意気込みを示したポステコグルー監督 [写真]=Getty Images

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、25日に行われるヨーロッパリーグ(EL)・グループG第5節レヴァークーゼン戦へ意気込みを語った。24日、クラブ公式サイトが伝えている。

直近の公式戦9試合負けなしのセルティックは、EL・グループG第4節終了時点で2勝2敗の3位。今節の結果如何ではグループステージ敗退が決まってしまう同クラブは25日、首位に立つレヴァークーゼンと敵地で対戦する。

まず、ポステコグルー監督はレヴァークーゼンについて「彼らは良いチーム。リーグ戦でも調子を上げてきているし、すでに対戦したことで、相手の質もわかっている」と称賛。続けて「どこからどう見てもチャンピオンズリーグでも戦うことのできるレベルのチームだから、我々にとっては超難関」と実力が抜きん出ていることを口にした。

また、ドイツの地で行われれたELの試合で未勝利のセルティック。今節のレヴァークーゼン戦に勝利した場合、クラブ史上初の快挙達成となるポステコグルー監督は「欧州大会のアウェー戦は、毎回チャレンジ。アウェーではさまざまな条件や相手の戦い方も異なる。劣勢であっても有利であっても、チャレンジすることは常に同じ」と言及。続けて「現地に行ってインパクトを与えることが最優先だけど、質の高いチームを相手に試合全体で力を発揮できなければ、代償を払うことになると理解している」と胸中を明かした。

最後に、ポステコグルー監督は「チームとして成長し続けることが大切。私は、自分たちがどこにいるのか、何をしなければならないのかを知っている。もちろん、チャンスを逃さないためには結果が必要だし、それが目的でもあるけど、同時に自分たちを測ってほしい」と告白。さらに「自分自身のことを理解し、最高の競争相手と比べて、どのくらいのレベルに位置しているのかを知ること。そして、現時点のレベルに不安を抱えたままピッチを後にしないことが重要」とレヴァークーゼン戦へ意気込みを示した。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加