MF上月壮一郎、デビュー2戦目でブンデス初ゴール!...最下位のシャルケは6失点大敗

MF上月壮一郎、デビュー2戦目でブンデス初ゴール!...最下位のシャルケは6失点大敗

  • サッカーキング
  • 更新日:2023/01/25
No image

ホームデビュー戦で得点した上月壮一郎 [写真]=Getty Images

ブンデスリーガ第17節が24日に行われ、MF上月壮一郎とDF吉田麻也が所属するシャルケとライプツィヒが対戦した。右サイドハーフで先発出場した上月は80分にベンチへ下がり、CBで先発の吉田はフル出場している。

5位からさらなる上位進出を狙うライプツィヒの攻撃陣は、最下位に沈むシャルケの守備陣に対して立ち上がりから牙を剥く。7分、ライプツィヒはティモ・ヴェルナーが前線で起点になると、最後はアンドレ・シルヴァが右足でゴールネットを揺らして先制。続く15分には、右サイドを駆け上がったベンヤミン・ヘンリヒスが豪快にサイドネットに突き刺し、すぐさま追加点をあげる。

その後もシャルケを圧倒し続けるライプツィヒは44分、ダニ・オルモのシュートのこぼれ球をアンドレ・シルヴァが押し込んでゴール。さらに45+2分には、オルモの鋭いクロスにティモ・ヴェルナーが合わせてその差はなんと4点に。大きくリードを広げて前半を折り返す。

なんとかホームで反撃の狼煙を上げたいシャルケは56分、左サイドでミヒャエル・フレイが起点になると、前線の上月へパス。中央で2枚のDFにつかれていた上月だったが、絶妙なファーストタッチで一気にその2人を置き去りにすると、最後は一対一を右足で冷静に制し、デビューから2試合目にしてブンデス初ゴールを決めた。

だが試合はその後、ライプツィヒがオルモの美しいループシュートで83分にシャルケを突き放すと、89分にはユスフ・ポウルセンがダメ押しゴールを決めてさらにリードを広げた。

試合はこのまま終了。失点を重ねたシャルケはこれでリーグ3連敗となり、リーグ最下位にとどまっている。敵地で攻撃陣が爆発したライプツィヒは、首位バイエルンとの勝ち点差を「4」に縮め、暫定ながら2位に浮上した。

次節、シャルケは29日にホームでケルンと、ライプツィヒは27日にホームでシュトゥットガルトと対戦する。

【スコア】
シャルケ 1-6 ライプツィヒ

【得点者】
0-1 7分 アンドレ・シルヴァ(ライプツィヒ)
0-2 15分 ベンヤミン・ヘンリヒス(ライプツィヒ)
0-3 44分 アンドレ・シルヴァ(ライプツィヒ)
0-4 45+2分 ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)
1-4 56分 上月壮一郎(シャルケ)
1-5 83分 ダニ・オルモ(ライプツィヒ)
1-6 89分 ユスフ・ポウルセン(ライプツィヒ)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加