高難度な俳句のお題に千原ジュニアら悲鳴「語源のガッツ石松さんを頭からどけるのが大変」 <プレバト!!>

高難度な俳句のお題に千原ジュニアら悲鳴「語源のガッツ石松さんを頭からどけるのが大変」 <プレバト!!>

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/06/23
No image

「プレバト!!」より / (C)MBS

【写真】すらりとした二の腕が美しい…ノースリーブ姿の辻元舞

6月23日(木)の「プレバト!!」(夜7:00-8:00、TBS系)では、「俳句の才能査定ランキング」と「色鉛筆コンクール」を実施。「俳句」では、“名人&永世名人一斉査定”と題し、“永世名人への道”に挑む名人10段の千原ジュニア、句集出版を目指して「永世名人のお手本」を披露する永世名人の梅沢富美男、フルーツポンチ・村上健志が査定に挑む。

10段以上の査定とあって、俳句講師の夏井いつき氏からは、高難度なお題「ガッツポーズ」が出題される。タイトル戦さながらのお題に、梅沢は「難しかったですね…。発想を飛ばしました」、村上も「これはムズいですよ! ガッツポーズが起こるなんて衝撃的な場所じゃないですか…」、ジュニアも「語源のガッツ石松さんを頭からどけるのが大変でしたね…」と悲鳴を上げる。そんな中、夏井氏は「最後まで詰めたかどうか? 明暗が分かれました!」と辛口査定を予告する。

No image

「プレバト!!」より / 「プレバト!!」より (C)MBS

「色鉛筆」初のタイトル戦を開催!

また、「色鉛筆の才能ランキング」は初のタイトル戦「第1回色鉛筆コンクール2022」を開催。名人5段の辻元舞、4段の野性爆弾・くっきー!、特待生3級の田中道子、5級の池田鉄洋、純烈・小田井涼平、ミサイルマン・岩部彰、山崎浩子が、「メニューの表紙」をお題に初代王者の座をかけて激突する。

色鉛筆作家の三上詩絵氏が「想像以上!」「驚きと感動!」と大絶賛した優勝作品は「俺のフレンチ」系列店の実際のメニューに採用されることに。優勝候補筆頭の辻元は「最高位の5段なので、並々ならぬ気合を入れてきました!」。くっきー!は「1位になったら偉いヤツでしょ? なろう!」、田中も「他のコンクールでは2位どまりなので負けられない!」とガチンコ勝負。

No image

「プレバト!!」より / (C)MBS

さらに、池田は「下克上を狙いたい!」、山﨑は「やるからには金メダル!」、岩部は「狙うはテッペン!」と、下位の特待生たちも堂々と勝利を宣言する。

※山崎浩子の「崎」の正式表記は「立つさき」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加