上沼 中森明菜の印象は「不思議な子。やりづらいというか腫れ物に触るような」

上沼 中森明菜の印象は「不思議な子。やりづらいというか腫れ物に触るような」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

上沼恵美子

歌手・上沼恵美子が2日に放送された読売テレビのバラエティー「上沼・高田のクギズケ!」に出演。以前、共演したことのある歌手・中森明菜について「現役バリバリの時から不思議な子でした。やりづらいというか腫れ物に触るような方、大スターでした」と振り返った。

ともにMCを務める高田純次が「(中森が番組に)いらっしゃったんですね」と話を振られると、上沼は「来てもらいました。来るか来ないか、朝からスタッフがそわそわしてました」と、番組関係者も腫れ物に触るような様子だったと明かした。「来てくれたんですよ。私の番組に。ご機嫌が良かったんで私もホッとしたんです」と無事に番組を終えたという。

さらに「私も長年やってますけど、ドギマギする人っています。明菜さんと都はるみさんにはようツッコまんなって。ただ覚えているのが、明菜さんの後援会へ入って、『コンサートの楽屋見舞いに何を持って行ったらいい?』と言ったら…スターは違うね。『レモンの木』って。だから彼女は、どう言ったらいいのかな。ぼやっとした魅力があるんです」と振り返った。

松田聖子とライバル的立場にとらえられることも多かったが「(中森は)ちょっと突っ張ってるような、精神的にナイーブな人。ガラス細工のような心を持っているんですよ」と評した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加