大分東明が全国高校選抜ラグビー大会出場権 選考会議で選出

大分東明が全国高校選抜ラグビー大会出場権 選考会議で選出

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

ラグビーの第43回全九州高校新人大会は22日、大分県由布市の湯布院スポーツセンターで2回戦4試合が行われた。

新型コロナウイルスの影響で準決勝、決勝は行わない。2回戦で勝った4校(東福岡、佐賀工、長崎北陽台、高鍋)と大会後の選考会議で選ばれた大分東明が3月に埼玉県熊谷市で開催予定の全国高校選抜ラグビー大会の出場権を得た。

大分東明・白田誠明監督「1年生が15人中10人の若いチーム。けが人が出てメンバーを変更するアクシデントがあり対応しきれなかった。負けて学ぶこともある。フィジー人2人も楽しみだし、ここからチームづくりをしていきたい」

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加