「世界初」お披露目のパターが米女子メジャー会場に登場!? でも実は...【女子ツアーの“ヒトネタッ!”】

「世界初」お披露目のパターが米女子メジャー会場に登場!? でも実は...【女子ツアーの“ヒトネタッ!”】

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2022/06/23
No image

笑顔で「世界初!」でも実は…|撮影:ALBA

ゴルフのトーナメント会場は“ネタの宝庫”。ただ、そのすべてを伝えることはなかなか困難なこと…。そこで現場記者がコースを歩くなか“見た”、“聞いた”もののなかからちょっと気になった1つのテーマ、すなわち“ヒトネタ”をご紹介! 今回は「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」が行われるコングレッショナルCC(米メリーランド州)から。

これが会場で見かけた“世界初お披露目”(?)のニューパター【写真】

かつて「全米オープン」などが行われ、今回初めて女子の試合が行われる超名門コースを歩いていると、陽気な米国人男性から「いいものを見せてあげる」と手招きされた。

この人物はオデッセイのツアーレップ(用品担当者)で、練習グリーンに並べてある選手がテストするための同社パターを見せてくれた。そして、そのなかの3機種を指差し、「これはここで世界初登場のツーボールパターだよ!」とニコニコ。

見せてもらったのは、マレット型の同社パター『ELEVEN』から出た新たなラインナップ。これは比嘉一貴や稲森佑貴が使用し優勝したことで、国内男子ツアーでブームになっているシリーズだ。そのツーボールバージョンが米国女子のメジャー会場に登場した、というわけ。

…でも、ここでちょっと待ったー! 先ほど「世界初登場」と言っていたけど、実は6月上旬に行われた国内男子ツアー「ASO飯塚チャレンジドゴルフトーナメント」の会場で、すでにこの2ボールパターはお披露目済みだったのだ。しかしノリノリで「テイク ア ピクチャーもOKだよ!」と笑顔でサービスしてくれるうれしそうな担当者に「日本の方が早かったよ」なんて…言えない! 絶対に言えない!

ただここで少し気になる点も。ツーボールの部分に、パター時のアライメントの指標になるラインが入ってるのだが、それが3本引かれてるトリプルトラック版と、1本のものは確かに国内会場で確認できた。しかし、ここにはもう1本、ラインのないものがあり、それは国内では無かった気が…。もしかしたら、本当に“世界初”の1本を見た可能性があるのかもしれない!?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加