Nulbarich、キャリア初の2枚組アルバム『NEW GRAVITY』の詳細発表

Nulbarich、キャリア初の2枚組アルバム『NEW GRAVITY』の詳細発表

  • M-ON! MUSIC
  • 更新日:2021/04/06
No image

掲載:M-ON! MUSIC NEWS

■まるで“新しい重力に支配された世界”のように、ニュールール・ニュースタンダードが生まれ、変化せざるを得ない環境になった現代と真摯に向き合い、制作されたNulbarichのアルバム『NEW GRAVITY』

【画像】アルバムにコラボ参加した、Mummy-D (RHYMESTER)「サイコーの曲出来ちゃいました」

Nulbarichのニューアルバム『NEW GRAVITY』(4月21日リリース)の詳細が発表された。
コロナ禍を始めとした様々な変化の中において、これまでの当たり前が当たり前じゃなくなり、まるで“新しい重力に支配された世界”のように、ニュールール・ニュースタンダードが生まれ、変化せざるを得ない環境になった現代。

Nulbarichにとって、キャリア初の2枚組アルバムとなる『NEW GRAVITY』は、そんな自分たちが置かれた“NEW GRAVITY”の環境に真摯に向き合い、制作した作品だ。

DISC 1には、映画『HELLO WORLD』主題歌「Lost Game」や、バンド結成以前にJQが書いた、ファンの間では幻の楽曲とされていた「TOKYO」、さらにテレビ東京系で放送中のテレビドラマ『珈琲いかがでしょう』のエンディング曲「CHAIN」など、バラエティに富んだオリジナル音源11曲を収録。

DISC2には、Vaundyとの初のコラボで話題をよんだ「ASH」や、アジアのみならず世界的に注目を集めているタイのシンガーソングライター、Phum Viphurit(プム・ヴィプリット)をゲストに迎えた「A New Day」など7曲の客演曲や既発曲のRemixが収められている。

アルバムは初回限定盤と通常盤の2形態。初回限定盤には、昨年12月に開催された自身初のオンラインライブ『Nulbarich Live Streaming 2020 (null)』の模様を収めたライブ音源が、パッケージ限定で完全収録。アートワークはタイトルになっている“GRAVITY”を感じられる、シンプルながらインパクトのあるデザインに仕上がった。

また、店舗共通特典でもあるDJ Mitsu the Beatsが手がけた「VOICE (Mitsu the Beats Remix)」の特典CDに加え、全国のタワーレコード、およびタワーレコードオンラインでの購入者対象で、対象期間内に応募した人限定のトーク配信イベントが決定。イベントでは、ラジオDJの西田新(FM802)とのゆるいフリートークに加え、アルバム『NEW GRAVITY』を聴きながら、作品についてのトークが繰り広げられる予定だ。

さらに、SHIBUYA TSUTAYA、代官山 蔦屋書店では、アルバムの発売を記念した『Nulbarich×TSUTAYA SPECIAL POP UP SHOP』を、4月20日より開催。POP UP SHOPの詳細は後報となるが、オープンに先立ち、TSUTAYA限定の「Nulbarichポロシャツ」の予約がスタート。詳細はオフィシャルサイトまで。

2019年のさいたまスーパーアリーナワンマンまでを第一章と位置付け、2020年からは第2章の幕開けを宣言したNulbarich。制作拠点をLAに移し、これまでは行わなかった客演作品やプロデュースワークなど、多角的な取り組みを行ってきた彼らが提示した新しい世界観を、この作品で存分に味わおう。

参加アーティスト コメント
■Phum Viphurit
このJQとのコラボレーションは、自分がようやくこのスローなペースの生活に慣れてきたなと思う、ちょうど良いタイミングで自然にやってきました。歌詞は、今自分が感じている多くのことを反映しています。孤独や孤立と向きあいながらも、自分が向かう将来にできるだけ満足していきたいという思い。80年代のサウンドにインスピレーションを受けたビートは、心持ちダークな歌詞のテーマだったり、メロディーに面白い背景を作ったと思っています。結果、私はこの楽曲に非常に満足しています。皆さんも楽しんでいただければ幸いです。

■AKLO
「Sweet and Sour」のリミックスに参加できて光栄です。実は共通の友達がいて、JQとは10年以上前に知り合ってます。なのでNulbarichのライブは何度も観に行ってますが、いつもライブでの緩いトークにシンパシー感じてます。今回のリリックは原曲の心境にスムーズに入れました。感覚としてはタイムトラベルして一緒に書いたような感じです。ぜひ夜空を見上げて聴いてください。

■Mummy-D (RHYMESTER)
まずはフィーチャリング、お誘いいただけて大変光栄でありました。んでもってすいません、サイコーの曲出来ちゃいました(てへぺろ)。JQとは、お互いプロデューサー体質ってのもあって、意見も合って好みも似てて仕事しやすく、毎回のキャッチボールごとにマジックが起こっていく感じがとてもエキサイティングでした。「Be Alright」、自分が今までしてきたコラボの中で、間違いなく五本の指に入る名作っす! オレがこんなこと言うの珍しいのですが、そのあたり、どうかお察しください。。。

リリース情報
2021.04.02 ON SALE
DIGITAL SINGLE「CHAIN」

2021.04.21 ON SALE
ALBUM『NEW GRAVITY』

■Disc1
1. Intro
2. TOKYO
3. CHAIN ※テレビ東京系ドラマ『珈琲いかがでしょう』ED
4. Twilight
5. Lonely
6. Mumble Cast #000
7. Skit #333
8. Look Up
9. Break Free
10. LUCK ※メルセデス・ベンツ新型「GLA」TVCM
11. Lost Game ※映画『HELLO WORLD』主題歌・フルバージョン
12. In My Hand

■Disc2
1. ASH feat. Vaundy (n-buna from ヨルシカ Remix)
2. A New Day feat. Phum Viphurit
3. Together feat. BASI
4. It’s Who We Are (CraftBeatz Remix) feat. 唾奇
5. Sweet and Sour (BACHLOGIC Remix) feat. AKLO
6. Be Alright feat. Mummy-D (RHYMESTER)
7. ASH feat. Vaundy

タワーレコード無観客スペシャルトーク配信の参加・視聴方法などはこちら
https://tower.jp/article/feature_item/2021/04/06/0702

Nulbarich OFFICIAL WEBSITE
http://nulbarich.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加