「分娩中のおもらし、全然気にしません」 産科看護師の動画が妊婦らの励みに

「分娩中のおもらし、全然気にしません」 産科看護師の動画が妊婦らの励みに

  • Sirabee
  • 更新日:2022/01/15
No image

出産を前に、懸命にいきみながら排泄してしまう人も多い。「どうしよう、心配」「もらしちゃったら恥ずかしいし申し訳ない」と不安に思う妊婦もいるだろうが、現場で働く看護師さんはまったく気にしていないかもしれない。

ある看護師の動画を、『The Sun』など海外のメディアも注目し紹介している。

■分娩時の話題を取り上げた看護師

海外の産科で看護師として働く女性が、出産にまつわる興味深いネタを動画にまとめ、TikTokで公開した。女性が着眼したのは、多くの妊婦が出産前に心配する分娩時の排便だ。

実際にもらす人も多いというが、女性は「大丈夫、私は全然気にしません」と断言。「便が出ようが、尿が出ようが、おならが出ようが、嘔吐されようが、気になりません」と妊婦たちに向けて話した。

関連記事:「分娩室から出産シーンを生配信して」 母親の要求に妊娠中の娘が大困惑

■「少し不快」な瞬間は…

医療関係者とはいえ、やはり人間。女性は「顔の真ん前でゲップをされると、少し嫌な気持ちがします」と告白したが、「ゲップそのものは気になりません」とも話した。

また排泄物のせいで分娩室に悪臭が漂うこともあるというが、母子を支える医療関係者も必死だ。よって「嫌な気なんてしません」という女性の言葉に、出産を控える多くの妊婦が励まされた。

■大事なのは母子の健康

女性によると、出産の現場で働く人たちは「母子の健康を守ることで頭がいっぱい」とのこと。いきみ始めた妊婦が便をもらそうが、「お腹から上手に押し出せる証拠」「むしろホッとするんです」と明かしている。

なお分娩中のおならは当たり前のことで、「まるで気にもならない」という。「堂々と大きなオナラをしてください」と女性は妊婦たちに勧めている。

■出産経験談が続々

出産経験がある女性の多くがコメントを書き込んでおり、中には「私も分娩中に便をもらしてしまったわ」「でも看護師さんには『筋肉の使い方がバッチリな証拠よ』と褒めてもらったの」というコメントもあった。

苦しいお産の最中に、自分ではコントロールできないことも多々ある。ただ無事に出産することだけに集中し、その他のことは現場の医療関係者を信じ任せておけば良いようだ。

・合わせて読みたい→女性の絶叫で「重大事件発生か」 出動した警察官らが妊婦のお産を介助

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加