渡邊圭祐が目黒蓮の恋敵に!? 「わたしの幸せな結婚」火野正平、津田健次郎ら新キャスト発表

渡邊圭祐が目黒蓮の恋敵に!? 「わたしの幸せな結婚」火野正平、津田健次郎ら新キャスト発表

  • 映画.com
  • 更新日:2022/11/25
No image

新キャストが発表 (C)2023映画『わたしの幸せな結婚』製作委員会

人気アイドルグループ「Snow Man」の目黒蓮が映画単独初主演を果たし、今田美桜が共演する「わたしの幸せな結婚」の追加キャストと新場面写真、キャスト紹介映像(https://youtu.be/DQrurjf9ii0)が披露された。

No image

原作は、小説投稿サイト「小説家になろう」で連載がスタートし、19年に小説とコミックが刊行。シリーズ累計発行部数が500万部(22年7月時点/コミック・電子書籍含む)を突破する人気ラブストーリーだ。大正ロマンを思わせる時代を背景に、ある宿命を持つ家系に生まれ、家族から虐げられてきた女性が、自分を信じて愛してくれる男性と出会い、その人を愛することで、新たな運命を切り開いていくさまを描く。主人公・久堂清霞役を目黒、ヒロイン・斎森美世役を今田が演じる。

11月4日から始動した特別企画「わたしの幸せな金曜日」(通称:わた金)では、毎週金曜日に新情報や公式SNSでしか見られないコンテンツを発信。11月は4週にかけて追加キャストを発表している。

No image

今回発表されたキャストたちは、清霞と共に都で起こる謎の襲撃事件を調査する役どころを演じる。清霞が暮らす帝都では謎の襲撃事件が相次いで発生し、陸軍の特殊部隊が主導して解決に臨んでいく。貿易業を営み、職業柄、街の情報に精通していることで事件解決に役立つ協力者として、「鶴木貿易」の社長に若くして上り詰めた鶴木新役を渡邊圭祐。そんな新の祖父であり、謎に包まれた存在・鶴木義浪役を火野正平、宮内庁長官として街の平和維持に努める存在で、鶴木新を清霞に紹介する賀茂村紀夫役を津田健次郎が演じる。

No image

場面写真は、清霞(目黒)と新(渡邊)が手を取りつつも、お互い敵意を示すかのような厳しい表情で向かい合うシーンを切り取っている。2人は協力者でありながら、美世(今田)を奪い合う恋敵に……。帝都で起こる謎の襲撃事件のカギを握る“あるモノ”を手に取り確認する賀茂村(津田)の姿もあり、その険しい表情は、事態が深刻であることを感じさせる。

わたしの幸せな結婚」は、2023年3月17日に全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加