北アイルランドのカトリック系人口、初めてプロテスタント系上回る 国勢調査

北アイルランドのカトリック系人口、初めてプロテスタント系上回る 国勢調査

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/09/23
No image

英領北アイルランド・ロンドンデリーで、1972年にカトリック系住民が英治安部隊に射殺された「血の日曜日事件」を追悼して当時の公民権デモのルートを行進する人々(2022年1月30日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】英領北アイルランドで、カトリック教徒人口がプロテスタントとキリスト教諸派の合計を初めて上回った。北アイルランド統計調査庁が22日に公表した2021年国勢調査で明らかになった。

それによると、人口の42.31%がカトリック教徒を自認したのに対し、37.36%がプロテスタントまたはキリスト教諸派を信仰しているという。

今回の結果は、北アイルランドの長期的な人口統計学的傾向に沿ったもの。北アイルランドは1921年、同地域におけるプロテスタントの親英国派の支配を確保するために成立した。

今回の歴史的な結果を受け、1998年の和平合意で認められている北アイルランドとアイルランドの再統一の是非を問う住民投票の実施を求める声がより大きくなるとみられる。

今回の調査では、北アイルランドでは、自らを「英国人」と認識する人は31.86%、「アイルランド人」と認識する人は 29.13%、「北アイルランド人」と認識する人は19.78%だった。2011年国勢調査では、「英国人」と認識する人は40%だった。

また、46.64%が英国のパスポート(旅券)のみを、26.51%がアイルランド旅券のみを保有していることが分かった。両国の旅券を保有しているのは5.49%だが、この割合は2016年に英国の欧州連合離脱(ブレグジット)を問う国民投票の実施後に増加した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加