「精神的疲労のたまる大会」ドイツが敗れた最大の原因は慢心にあり【“計25大会出場”ジャーナリストのカタールW杯現地ルポ】

「精神的疲労のたまる大会」ドイツが敗れた最大の原因は慢心にあり【“計25大会出場”ジャーナリストのカタールW杯現地ルポ】

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2022/11/25
No image

ドイツには慢心があったか 代表撮影:雑誌協会/松本輝一

2人合わせて「ワールドカップ25大会」を取材した、ベテランジャーナリストの大住良之と後藤健生。2022年カタール大会でも現地取材を敢行している。古きを温め新しきを知る「サッカー賢者」の2人がカタール・ワールドカップをあらゆる角度から語る!

関連:「W杯ではありえない“カードゼロ”試合での勝利」「カタールでも“ニッポン、ニッポン”と大騒ぎ」【日本代表、ワールドカップ白星発進! ドイツ戦「逆転勝利」を徹底激論】(6)

■疲れがたまるワールドカップ

11月25日の試合で、カタール・ワールドカップのグループリーグもようやく一巡目を終了した。開幕戦を含めて9試合を観戦したことになる。

皆さんもご承知のように、カタールという小国に世界32か国のサポーターが集まるのだから当然のように宿泊施設は不足している。その結果、宿泊料は高騰したまま開幕を迎えても値崩れを起こすことはなかった。

僕は、開幕1か月前になってようやく1泊66ドルというところを見つけて泊まっている。「ラッキー、66ドルなら7000円くらい!」と喜んだのだが、66ドルはなんと1万円だったのだ! もっともこれは黒田東彦日銀総裁のせいであって、カタールの責任ではない。

そういうわけで、僕は世界中のサポーターが数千人泊まっている宿泊施設に入っているのだが、これがメトロのレッドラインの最南端「アル・ワクラ」駅からシャトルバスで40分近くかかるのである。

バスはどんどん出ているし、バス代も当然タダなので便利は便利だが、たとえば22時開始の試合が終わると24時。その後、バスやメトロを乗り継いで「アル・ワクラ」までたどり着いてからシャトルで移動すると、部屋に戻れるのは2時前後というので寝不足で疲労がたまってきている。

大住さんのように1日1試合にすべきだった……とも思うのだが、しかし、たとえばモスクワに泊まって夜行列車でサランスクまで行って、試合を見た後、再び夜行でモスクワに戻るとか、TAM航空(ブラジル再大手の航空会社)を乗り継いでブラジル国内を移動し続けるのに比べれば、地下鉄とバスでの移動など大した問題ではない。

■ドイツの失敗

疲労がたまる最大の原因は試合そのものにある。

各大陸予選を勝ち抜いてきた代表チーム同士の戦いだけに、内容の濃い試合ばかり。それを集中して90分、いやアディショナルタイムを含めて110分ほど観戦するのは精神的にかなりの疲労につながる。

大住さんと違って、僕は日本でもよく1日2試合観戦をする。

あまり面白くない試合を2試合見るのも(特に寒い時期には)、それはそれで別の意味で辛いものだが、ワールドカップのようなレベルの試合を2試合見るのは、本当に精神をすり減らすような気もする。

さて、ドイツが後半なぜ崩れてしまったのかについてだが、やはり彼らはもうゲームが終わったような気になっていたんじゃないだろうか。前半はPKの1点しか取れなかったにしても日本を押し込み続けており、後半に入っても最初は前半の続きのような展開だった。

ドイツは中盤でイルカイ・ギュンドアンが見事にパスを散らして、そしてギュンドアンはフィニッシュに絡んでもいた。左サイドを切り崩して伊東純也を守備に走らせることに成功したダヴィド・ラウムなどと並んでギュンドアンは最も怖い選手だった。

ところが、ドイツ代表ハンジ・フリック監督は67分にギュンドアンを交代させてしまった。僕は、第4審判が交代のボードで「21」を示したのを見て、「あれ、もう替えてしまうのか」とちょっとびっくりした。森保一監督が堂安律南野拓実を投入して超攻撃的布陣を整えるのはその直後だった。

「ドイツの慢心」。それが大住さんの疑問に対する答えになるんじゃないだろうか?

いま一番読まれている記事を読む

後藤健生

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加