【実機レポ】新MacBook Pro 13インチはコンパクトなプロ仕様

【実機レポ】新MacBook Pro 13インチはコンパクトなプロ仕様

  • ASCII.jp
  • 更新日:2022/06/23
No image

新MacBook Pro 13インチ

アップルが2022年6月に開催した年次開発者向け会議「WWDC22」で発表した、新世代プロセッサ「M2」を搭載した新MacBook Pro 13インチ。いよいよ6月24日に一部のApple StoreとApple製品取扱店での販売が開始される予定です。

このM2を搭載した新MacBook Pro 13インチは、2020年に登場したMacBook Pro 13インチとサイズやデザインは変わらぬまま、SoCが「M2」に進化したアップデートバージョンなのです。

M2の性能については各種テストで深く解説している記事「28時間使える「M2搭載MacBook Pro 13インチ」超高効率ノートブックの誕生【実機レビュー】」を、空間オーディオやハイレゾ再生などオーディオやエンタメについてはこちらの記事「M2搭載で10万円台! コスパ最高な13インチMacBook Proレビュー」をご覧ください。

電力効率がよく1日中使えるバッテリーだからモバイルに最適

新MacBook Pro 13インチは、M2によって電力効率が優れCPUやGPUへの負荷が高い作業でも長時間作業できます。Apple TVアプリのムービー再生は最大20時間。13インチのコンパクトなボディのため、モバイルで持ち運びやすいのです。

No image

新MacBook Pro 13インチの主な特徴

持ち運びと言えばMacBook Airも気になりますが、新MacBook Pro 13インチはMacBook Airには搭載されていないアクティブクーリングシステム=簡単に言うと扇風機の羽根のような空冷システムを搭載しているので、動画編集などの高負荷な作業をしても熱くなりにくいです。MacBook Pro 14インチでなくなったTouch Barが新MacBook Pro 13インチでは復活! PhotoshopやIllustrator、Final Cut ProやDJアプリのDjayなどをはじめ、対応アプリやサービス、もちろんmacOSでも便利に活用できます。

というわけで新MacBook Pro 13インチを動画と写真でチェック!

No image

サイズはおよそ幅30.41×奥行き21.24×高さ1.56cm。重量はおよそ1.4kg

パフォーマンスと機能が向上して17万8800円から 学生・教職員など対象者はさらにお得!

新MacBook Pro 13インチはM2を搭載してパフォーマンスと機能が向上して、さらに17万8800円から購入できるというコスパの良さも魅力です。また、アップルでは「学生・教職員向けストア」があり、大学生、高等専門学校および専門学校生、これらの学校に進学が決まった生徒、さらにそのご両親、教育機関の教職員の方々と、かなり広範囲にわたって対象となる「Apple Store for Education」を実施しています。対象の方々はお得なこのサービスの詳細もチェックしましょう。

No image

裏側はツルンとしています

No image

上が新MacBook Pro 13インチ、下がMacBook Pro 14インチ。各種端子の数や配置が異なります

No image
No image

Touch Barが復活!

No image

カメラは縁の中に隠れているのでノッチ=出っ張りはありません。なお、カメラが起動しているときはグリーンにランプが点灯します

No image

MacBook Pro 13インチ本体のほかに、充電用のType-Cケーブルやステッカーもついています!

■関連サイト

Macbook Pro 13インチ

学生・教職員向けストア

アップル

エリコ/ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加