時代を読む、ストーリーのあるホテルNo.14 「PETALS TOKYO」

時代を読む、ストーリーのあるホテルNo.14 「PETALS TOKYO」

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2022/01/17
No image

旅をライフスタイルの一部としてきたトラベラーたちは、新しい年を迎え、今年こそ異国の地へ飛ぶ自由を…と熱望していたに違いない。

しかし、今年も海外旅はすぐにはできそうにない。Stay now & travel later…こんな声が聞こえてくる。

もう少しの辛抱が続きそうだが、それでも、国内では至極のホテルが次々と開業。

街で、リゾート地で、ゲストを待ちわびている。

ホテルジャーナリスト せきねきょうこ

初冬の快晴の日、何年かぶりに天王洲の運河沿いを歩いてみた。目的は新しく開業した「PETALS TOKYO」を訪れるためであったものの、周辺環境のあまりの変貌ぶりに驚かされながら。住宅であるスタイリッシュなマンションや、洒落たカフェ、レストラン、まるでヨーロッパを彷彿とさせる公園やレストラン等が軒を並べ、また広域に点在。これは新しい街づくりモデルなのであろう。

目的の「PETALS TOKYO」は2020年11月10日、このお洒落な天王洲エリアに開業した、ホテル名の由来は「水面に浮かぶ蓮の花びら【PETALS:花びら】のようであることから命名された。コテージタイプの宿泊施設は、日本初となる本格的なフローティングホテルであり、ハンドクラフトの面白さを誇る4隻の小舟がホテルとして天王洲のエリアと運河とを繋いでいる。

No image

PETAL 1、アーティスティックな外観の建物。「1」のテーマはModern &Stylish。とても小舟とは思えない、見ているだけで映画のセットのようなワクワク感がある。

No image

PETAL 2、4つの中で最大の室内45平方メートルの「2」のテーマは、Elegant & Luxury。室内の丸い小窓〈舷窓・げんそう〉が船にステイしている情緒を掻き立てる。

No image

PETAL 3、どこかスペインアートを想わせる「3」40平方メートルのテーマは、Charming& Cozy。大きなパノラマウィンドウからは、時折通り過ぎるクルーザーや観光船など、情緒たっぷりのキャナルビューが楽しめる。また屋上テラスでは夕陽の鑑賞も。

No image

PETAL 4、オランダやデンマークの水辺で見たハウスボートのようなカラフルなハウス「4」43平方メートル。他の3隻との間に「T-LOTUS M」を挟んでいるため、プライベート感を堪能。

4隻ともに、外観も内観もそれぞれが異なり、外観はいずれも驚くほどにアーティスティックで個性的、だが、客室内はいずれも高級感が漂い、むしろヴィヴィッドな外観とは異なり、静かに寛げるラグジュアリー感が漂っている。とはいえフローティングホテルの小舟であり、波の少ない運河とはいえ、ヨットやクルーザー、水上タクシー、小型観光船などが行き交えば、当然、ホテルも多少は波に揺れる。

これが快適と言う人もいれば、クルージングのような情緒を感じ歓ぶ人もいる。客室内のアメニティは、水上の環境も考慮し、自然由来の素材や再生可能な資源を用いる配慮がされている。

No image

PETAL 1、外観とはまるで印象の違う落ち着きのある室内、大きな窓からはキャナルビューも楽しめる。

No image

PETAL 1、43平方メートルの広さのある客室はシャワールームも広く特徴的。ゴージャスなホテルの1室のような高級感が漂う。

「この倉庫街はアートを主体に、水辺とアートの街として生まれ変わっています」とは、ホテルの関係者の言葉だ。確かに、大きな倉庫の並ぶ壁にはアーティストが描いたイラストがここそこにあり、倉庫ではない建物自体も、それぞれに自由な感覚でデザインされている。

また、ホテルの建物に挟まれるように、隈研吾氏がデザインを監修したイベントスペース、海に浮かぶ「T-LOTUS M」が隣接し運河に並んでいるため、イベントも宿泊も同時に可能な施設となっている。その他、天王洲の象徴的なメインストリートであるボンドストリートには「E HALL」が建ち、クラシカルな倉庫のイメージを外観に残しながらも内部はスタイリッシュなレンタルスペースに仕上がっている。

ホテルのHPには、「倉庫街からアートシティへと変貌を遂げた、東京・天王洲に水上ホテル「PETALS TOKYO」が誕生」とある。確かに周辺の倉庫も、施設も、運営管理は寺田倉庫株式会社である。寺田倉庫は、世界中の芸術作品や高級ワインを預かるプレミアム倉庫のスタイルをとり、アートギャラリー・カフェやレンタルホール、ミュージアムの他、多くのサービス事業を展開し、ついにホテルまで運営する未来志向の企業となっている。

さて、ホテル滞在についてもう少し紐解こう。4隻の小舟から成るフローティングホテルにはレストラン、カフェ、プールなど付帯施設は無い。レセプションは至近距離に建つ陸地の建物内にあり、そこでチェックインもアウトも済ませる。また食事については、陸に上がれば、お洒落で素敵なカフェやベーカリーカフェ、ダイニングレストランが並び、何ひとつ困ることは無いのだ。

No image

ホテルが係留されている運河沿いの一画にはボードウォークがあり、朝夕、気持ちのいい散策ができる。

No image

ディナーは近隣のレストランで。写真のように朝食はオーダーが可能。運河を見ながらの朝食は東京にいるとは思えない旅情あふれるロケーション。

むしろ、一人になりたい時、二人でゆったりと過ごしたい時、仕事に集中したい時など、いずれももってこいの大人の空間である。さらに、旅に出たいが今は遠くへは行けないという都会人にもお薦めだ。ここにいると異国情緒さえ感じ、嬉しいほど非日常の空間感に包まれてしまう。

No image

PETALS TOKYOの夜景。天王洲から新たなライフスタイルや文化発信をと造られた唯一無二の空間。

PETALS TOKYO

東京都品川区東品川2-1先

050-5491-2681

https://www.terrada.co.jp/ja/service/space/petals-tokyo/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加