日本ハム・上沢 12月に渡米してドライブラインで動作解析 新加入・伏見には「能力が全てにおいて高い」

日本ハム・上沢 12月に渡米してドライブラインで動作解析 新加入・伏見には「能力が全てにおいて高い」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/26

日本ハムの上沢が12月中に単身渡米してトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」で動作解析を行うことを明かした。投球の回転数や変化量を確認できる測定器「ラプソード」を自主トレで使用するために自費購入。「この球種をこうした方がいいとか見てもらう。一人で行った方が自分のためになるので」と説明した。

No image

<日本ハム>プレミアムトークライブ札幌で子供の似顔絵を描いた上沢(撮影・高橋茂夫)

◯…新加入した伏見に、上沢は投手目線で「捕手として能力が全てにおいて高い選手と思っていた」と語った。「ちょくちょく声をかけてくれていた。“何でそんなに打てるんだよ”とか」と明かしたのは松本剛。「正直、捕手だから裏表あるんだろうな…と見ていた部分はあるけど、いい人で人柄が明るそう」と言葉を続けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加