14日の債券市場見通し=欧米の長期債は買われ、債券先物も買いが先行か

14日の債券市場見通し=欧米の長期債は買われ、債券先物も買いが先行か

  • モーニングスター
  • 更新日:2021/10/14
No image

予想レンジ:債券先物中心限月(2021年12月限)151円20銭-151円50銭、長期国債利回り0.070%-0.100%

欧米の長期債は買われ、債券先物も買いが先行か

13日の債券先物の寄り付きは8銭高の151円33銭となったがここが高値となり、その後は様子見気分も強いなか上値の重い展開となった。債券先物の引けは変わらずの151円25銭。10年債利回りは0.085%。

米30年債入札が好調だったこともあり、長期債は買い戻しの動きが強まり、現地13日の米10年債利回りは1.53%に低下した。ナイトセッションの債券先物は151円36銭。欧米の長期債は買われ、債券先物も買いが先行か。提供:モーニングスター社(イメージ写真提供:123RF)

久保田 博幸

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加