優しさの前に知を、知の後に優しさをくれなど言わないから

優しさの前に知を、知の後に優しさをくれなど言わないから

  • かがみよかがみ
  • 更新日:2021/04/07
No image

私は高校生だ。最近、男性たちの生理への認識を変えたいと強く思うようになった。そう思うようになったきっかけについて話そうと思う。

「もう毛を剃らないでほしい」と言われ、剃刀を捨てた。彼はとても嬉しそうだった

中学生の頃からPMSによる情緒不安定、体のだるさに悩まされてきた

私たち学生には、テストというものがある。社会人になっても別の形であるのかもしれないが、ひとまずそれは置いておいたとして、授業中の小テストから進学をかけた受験まで、色々なテストに囲まれて日々を過ごしている。学校で行われるテスト(いわゆる定期テスト)は学期に1から2回ほど行われている。赤点を取れば留年だぞ!と脅されるような、あのテストだ。そのテストと生理前・生理期間が重なった時、とても苦しんだ。

私は中学生の頃からPMS(月経前症候群)で、生理が始まる数日前から精神的・身体的不調が出始めて、生理が始まるまでその症状が存在し続け、悩んでいる。主に情緒不安定と体のだるさだ。私の場合はだいたい1週間前くらいからその症状が始まる。

そしてその後、1週間くらい生理で頭痛・腹痛・腰痛・吐き気などの身体的症状が続くようになる。1ヶ月のうち2週間は、精神的・身体的のどちらか、もしくはその両方が不調なのである。

病院に通って漢方などで対処しているが、すべての症状がなくなるわけではないので、生理前のイライラで、「なんで女に生まれただけでこんなにまずい漢方を飲まなきゃいけないほど不調になるのか」と思うのである。

「そんなのに甘えるなよ自分!」生理に左右されずテストで結果を出す男子

そして生理前・生理期間がテストと重なった時も思うのである。周りの男子たちはそんなのに全く左右されずにテスト勉強を黙々とやって、結果を出している。私はそれが悔しかった。PMSや生理痛によって思うように勉強ができない自分を、「そんなのに甘えるなよ自分!」と鼓舞してなんとか机に向かう。

男子たちはそんなことをしなくても勉強できるんだよなと考えるとすごく悲しくなった。

女の子だけにしか起こらないことだし、それも全ての女の子に起こるわけではない。

だからPMSを知っている人は女性でも少ないのかもしれない。PMSと生理に苦しんでいる時に優しくしてほしいとは言わない。ただ、そういう症状があることを知ってほしいのだ。PMSで精神的な症状が出ている時、「誰もわかってくれない」という孤独感に襲われることがある。でも一体、どうしたらわかってもらえるのだろうか。

PMSや生理に関する正しい情報の拡散を。女性が少しでも生きやすい未来を強く願う

私が出した結論は、これから大人になる年少者に向けたものと、すでに大人になっている・なりかけている中学生以上に向けたものの二つである。

年少者に向けたものとしては、小学校の性教育で生理についての説明を男女同時でも別々であっても、抽象的な説明をせずに長く印象に残るような具体的な説明をするべきである。「女の子は中学生くらいから生理が来ます」という言葉だけでなく、「生理がきて精神的・身体的な不調を伴うことがあって女の子はとってもとっても大変」と言う言葉も付け足すべきだ。大人になった時に「知らなかった」とならないような性教育が行われるべきだと思う。

中学生以上に向けたものとしては、PMSや生理に関する正しい情報を拡散していってほしい。そしてホルモンバランスによる「ハンディ」について考えてくれる人が増えてほしいと思う。私も当事者の1人として発信し続ける。

この世の中で女性が少しでも生きやすく、輝けるような、そんな未来が訪れることを強く願うとともに、今日まで頑張ってきた女性たちを心から讃えたいと思う。

【厳‌選】夫‌の‌裏‌切‌り‌の‌後‌に‌芽‌生‌え‌た‌「覚‌悟」‌‌、‌理‌想‌の‌「お‌嫁‌さ‌ん」‌の‌先‌に‌あっ‌た‌現‌実…夢‌見‌た‌結‌婚‌生‌活‌は‌い‌か‌に?‌2‌月‌に‌読‌ま‌れ‌た‌エッ‌セ‌イ‌は‌こ‌ち‌ら!

紫石そら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加