【ニュージーランドT】追ってひと言

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/10

▼ヴィジュネル(渡辺師)いい状態。前走はスタートから流れが悪く外枠でもあったので、それを考えれば悲観する内容ではない。

▼ゲンパチミーティア(宮内助手)前走後は少し気になっていたソエも治まり順調。前走で悪い馬場をこなせたのは収穫。

▼シュバルツカイザー(大竹師)状態は変わりなくいい。中山は2回とも正攻法で勝っており右回りは合う。

▼スパークル(片山助手)緩い馬場状態でもラストは12秒台前半の時計でしっかり走れた。馬場が荒れた今の中山はプラス。

▼バスラットレオン(藤岡佑)大人びて無駄なことをしない。追い切りは先週よりいい動き。スタートが速いので前で競馬を。

▼ブルーシンフォニー(伊藤圭師)先週よりも動きが軽くて雰囲気がいい。一発を狙いたい。

▼ユキノファラオ(柴田善)状態はいい意味で平行線。前走は強い勝ち方だったが、千二のペースでもハミを取っていた。あとは距離だけ。

▼ロンギングバース(竹内師)先週、今週としっかりやって横山和騎手に感触をつかんでもらった。器用なタイプで中山に替わるのはプラス。

▼ワザモノ(尾関師)状態は安定しており前走からの上積みもある。前走勝った舞台で条件も合っている。

▼ワーズワース(清水久師)僕が乗ってこの時計(50秒9)だから、ジョッキーが乗れば49秒台が出ると思う。攻めは動くし、初芝に対応してほしい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加