【ロッテ】本前郁也が師匠ソフトバンク和田と投げ合い「毎日新しいことを教えてもらえて」

【ロッテ】本前郁也が師匠ソフトバンク和田と投げ合い「毎日新しいことを教えてもらえて」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

ソフトバンク対ロッテ ロッテ先発の本前(撮影・岩下翔太)

<ソフトバンク-ロッテ>◇23日◇ペイペイドーム

ロッテ本前郁也投手(24)が師匠と投げ合った。

今季11試合目の登板は、敗れればV逸決定というシビアなマウンドに。制球に苦しみながらも、自主トレで弟子入りしたソフトバンク和田と投げ合った。

札幌生まれで日本ハムファンだった小学生時代から、同じ左腕として和田にあこがれていた。プロ1年目のオフから弟子入り。「吸収することしかなかったです。毎日新しいことを教えてもらえて。和田さんも分かるまで教えてくれるので」。肩周りの使い方などを教わると、その結果「投げ終わって張りとか痛いがなくなったので。楽に投げられるようになりました」と感謝を口にしていた。

この日は3回まで何とか粘って無失点に抑えるも、2点リードの4回にデスパイネにソロを被弾。5回に1死一、二塁としたところで2番手岩下に交代し、見事に無失点リリーフ。4回1/3で降板した本前に勝利投手の権利はつかなかった。師匠の和田も5回2失点でマウンドを降りた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加