中央学院大初V 菅原監督「最高に幸せ」4年古田島、大粒の涙を流し歓喜

中央学院大初V 菅原監督「最高に幸せ」4年古田島、大粒の涙を流し歓喜

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

慶大対中央学院大 初優勝を決め胴上げされる中央学院大・菅原監督(撮影・浅見桂子)

<明治神宮大会:中央学院大9-8慶大>◇大学の部決勝◇25日◇神宮

関東5連盟第1代表の中央学院大(千葉県大学野球)は、最大4点差をひっくり返す逆転劇で初の日本一に輝いた。

1点差まで迫っていた6回。1死満塁の好機で、2番の武田登生主将(4年=)が左中間へ逆転3点適時二塁打を放つなど、一気に5点を奪った。その後は慶大の粘り強さに1点差まで詰め寄られた、最後の打者を右飛に打ち取った。ナインはマウンド上で歓喜の輪を作り、笑顔で喜んだ。

整列が終わると、古田島成龍投手(4年=取手松陽)が大粒の涙を流しながらスタンドへあいさつに向かった。その古田島を部員たちは大盛り上がりで迎え入れた。菅原悦郎監督(60)は「なんとしても見たかった光景として、グラウンドとスタンドの選手が一体となって喜ぶ。これが見えて最高に幸せです」と力強く話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加