男性2名が深夜のテンションに身を任せた結果... 「人類の夢」が爆誕し話題に

男性2名が深夜のテンションに身を任せた結果... 「人類の夢」が爆誕し話題に

  • Sirabee
  • 更新日:2022/11/25

幼少期、誰もが一度は夢に見たであろうお菓子の家。「お菓子の家」で有名な童話『ヘンゼルとグレーテル』を読んだことがある多くの人は、絵本の中に描かれたその家に憧れたのではないだろうか。

現在ツイッター上では、男性2人が作ったレベルが高すぎる「お菓子の家」が話題となっており…。

【話題のツイート】プロが作るお菓子の家がすごい

■圧巻のクオリティ

多くの注目を浴びているのは、ツイッターユーザー・「こし チョコ」(@chocossy_)さんのある投稿。「成人男性2名の深夜テンションで出来上がったお菓子の家」とコメントし、1枚の写真を投稿した。

No image

写真には、誰もが夢に見た「お菓子の家」が…。じつが投稿者である「こし チョコ」さん、普段はオリジナルのチョコレートを作る工場や、お菓子の細工教室など経営しているいわばプロなのだが、今回一緒に制作した友人「長谷川健太@𝐒𝐔𝐂𝐑𝐄𝐓𝐈𝐄𝐑」(@kenta_sucretier)さんもウエディングケーキの職人なのである。

プロの2人が協力して作った「お菓子の家」は、言うまでもなく最高の仕上がり。カプリコやポッキー、コアラのマーチ、たけのこの里など、見たことがある身近なお菓子を使い細かいところまでこだわって作られている。食べてしまうのは勿体ないと思うほど芸術的だ。

関連記事:テーブルに並ぶ「2つのお菓子」を収めた写真 一見普通だがよく見てみると…

■「大人の本気」

この写真は投稿後数日で40万件を超える「いいね」が寄せられ、「市販のお菓子でもこんな素敵なもの作れるんだ…感動しました」「すごいレベルのお菓子のお城でびっくり」「子供の頃に見た夢の国。大人になっても心惹かれる」と絶賛する声が相次いでいる。

また、「大人の本気よきです!」「すごい才能ですね」「クオリティ高すぎ」「夢のような光景」といったコメントも続々と寄せられた。

■完成までにかかった時間は…

話題になった写真について投稿者に話を聞いたところ、「こどもの頃の夢やワクワクするような作品が作りたかった」ということで、仕事終わりの夜中に、友人と少しずつ作ったそう。完成まではなんと合計で24時間ほどかかったという。

また、この「お菓子の家」は、12月2日から6日まで表参道にて開催のイベント『DECOREお菓子×アート展』への展示を兼ねて制作したとのことで、足を運べば実物も見られるかもしれない。

■プロでも苦戦したところは…?

細かい部分までこだわって制作されたお菓子の城は多くの人の心を掴み、注目を集めたが改めて完成に至るまでの作業について聞くと、「湿度などの問題でお菓子が反ってきてしまい、ボロボロ崩れてくるなど、やってみないとわからないことが多く苦戦しました」と苦労も多かったよう。現在は、展示にむけて保管・補修中とのこと。

投稿者である「こし チョコ」さんは上記でも紹介したように、オリジナルのチョコレートを作る工場や、お菓子の細工教室など経営しており、有名なホテルや三ッ星レストランなどさまざまなブランドのチョコレートや焼菓子作りをしている。不定期ではあるが、工場のある地下1階で秘密基地のような直売などもしているとのことなので、是非チェックしてみてはいかがだろうか。

■食べたことがあるお菓子もたくさん

成人男性2名の深夜テンションで出来上がったお菓子の家、 pic.twitter.com/heuZCOF7tZ
— こし🐻チョコ (@chocossy_)
November 22, 2022
from Twitter

(取材・文/Sirabee 編集部・堀莉奈)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加