大谷翔平第1打席で右肘に死球 4日登板は状態見て判断 1試合2盗塁は初

大谷翔平第1打席で右肘に死球 4日登板は状態見て判断 1試合2盗塁は初

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

エンゼルス戦 第1打席、右肘付近に死球を受けるエンゼルス大谷(AP)

<マリナーズ-エンゼルス>◇2日(日本時間3日)◇Tモバイル・パーク

「2番DH」で出場したエンゼルス大谷翔平投手(26)が、利き腕の右肘付近に死球を受け、痛みに声を上げた。

1回1死、カウント1-2からの4球目、左腕シェフィールドの93・4マイル(約150キロ)の直球が右肘付近に直撃した。グラウンドに膝をつき、しばらく痛みに耐えるような姿を見せたが、その後トレーナーらにチェックを受け、問題ない様子で一塁へ進んだ。

翌日には今季4度目の登板を控えており、心配されたが、3番トラウトの打席で二盗に成功。今季5つめの盗塁を決めると、2死二塁から4番レンドンの打席では三盗を決め、メジャーで自身初の1試合2盗塁をマークした。三塁を陥れた後は、右腕を振り、肘への影響を確認するようなしぐさを見せた。

3回、先頭打者で第2打席に立ち、2球目の速球をスイング。二ゴロに打ち取られたが、これが二塁手の失策となり、2打席連続で出塁した。

第3打席は5回1死一塁、カウント1-1から内角スライダーを打ち上げ、遊飛に倒れた。

第4打席は2点を追う7回2死二塁、3番手の左腕ミシェビッチの初球スライダーを捉えたが、二ゴロで凡退した。

この日は4打席で3打数無安打。今季初めて2試合連続ノーヒットも、6盗塁は1位(2人)に2差のリーグ3位タイに浮上した。チームは完封負けを喫した。

試合後、マドン監督は大谷の腕の状態について「痛みがある。今夜から明日の朝にかけてどれくらい痛みがあるか分からないが、明日のピッチングに関して、我々が確認しないといけないところ。今の段階では分からない」と話した。3日(同4日)のレイズ戦に登板予定だが、状態を見て判断することとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加