大寒波到来の日に外で撮影...ダウン+冬小物の「防寒コーデ」で乗り切りました!

大寒波到来の日に外で撮影...ダウン+冬小物の「防寒コーデ」で乗り切りました!

  • mi-mollet(ミモレ)
  • 更新日:2023/01/25

ファッションエディターの発田美穂さんが、大人世代におすすめしたいアイテムやコーディネート術、テクニックをご紹介します。

寒いですね〜〜。来ちゃいましたね、本格的なやつが。こんな日に限って、都内で着回しテーマのロケ。おしゃれなレストランやショップの店内でも撮影しますが、風吹きすさぶ路上でのお仕事シーンのカットもある! ぐぅぅ。ペラッペラの春物を着てくれるモデルさんを前に、こんなことは決して言えないですけど、でも、路上ロケは寒すぎますって。

と、そんな日。私はこのコーデで乗り切りました!

No image

コート、ニット/ハイク(3年前に購入) パンツ/RHCロンハーマン バッグ/ザロウ スニーカー/ニューバランス

毎年、ここぞってときに出動させるハイクのロングダウン! 表面はスムースなナイロン素材なんですが、内側がダウンになっています。さらに、何が良いって、やっぱりこのロング丈。本気で寒い日にはお尻と太ももはもちろんのこと、できる限り全身をダウンでくるみたいわけです。その点これは、もはや布団? 寝袋? 状態なので、それはそれは暖かい。

そして、そう! パンツはまさかのコットン素材のカーゴパンツ。ちょっと無理していませんか? って話なんですけど、無理はしません(キッパリ)。

No image

レギンス/ユニクロ ヒートテックウルトラウォームレギンス

なぜなら、この超極暖レギンスを仕込んでいるからです! これ、そもそもスキー用のインナーとして買ったものなんですが、まさかのロケの日に大活躍。

以前の記事で、ウールのパンツにタイツやレギンスを仕込むのが苦手、というお話をしたんですが、コットンパンツだと“おまたのモチョモチョ”がそれほど気にならない、ということが判明。この手の太めシルエットのパンツなら、もう、まったく気にならないということがわかりました。

さらに、「通常のヒートテック+ウールパンツ」よりも、「超極暖ヒートテック+コットンパンツ」のほうが、あったかいと思われます! まったくの、私の感覚だけでお話ししていますが、でも、多分合っています! 本当にあったかい!!(流行りのエビデンス、何もないですけど、笑)

No image

マフラー・グローブ/ジョンストンズ

やっぱり首もとの冷えは大敵なので、マフラーはしっかり巻きたいところ。そして、便利に愛用しているのがフィンガーレスタイプのグローブです。

寒さ対策っていう意味では、もちろん、指ありグローブのほうがいいに決まっているんですが、この日のように外で仕事で、iPhoneや資料などを何度も触る必要がある、というときにはフィンガーレスタイプがとても便利。つけたり外したりを繰り返す必要がなく、つけっぱなしで作業ができます。しばらく室内に入っても、つけっぱなし。

そしてこれ、ロングタイプというところもポイント。トレンドの袖が太めのコートって、袖口から手首がスースーして寒いですよね。このグローブがあれば、手首のところまでしっかり包んでくれるのであったかい! 手首でくしゅくしゅっとする感じも可愛いのです。

というわけで、このフルセットにて、大寒波ロケを無事乗り切りました! 確かに寒かったけれど、でも下半身と首&手首が暖かいと、かなりラク! あとは、しっかりお風呂に入ろうと思います! (婦人のアフターケア、超重要)

構成/幸山梨奈

No image

前回記事「手元のおしゃれがピタッと決まる、新ブランドの「リング」が仲間入りしました!」はこちら>>

発田 美穂

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加