「廃棄量には誤りがある」と一部否認 産廃不法投棄事件で初公判【岡山・備前市】

「廃棄量には誤りがある」と一部否認 産廃不法投棄事件で初公判【岡山・備前市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/09/15
No image

岡山放送

備前市の山林に、家屋の解体工事で生じた産業廃棄物、約176トンを不法投棄したとして、廃棄物処理法違反の罪に問われている会社社長の初公判が、15日、岡山地方裁判所で開かれ、男は起訴内容を一部否認しました。

起訴状などによりますと、備前市友延で産業廃棄物運搬業などを営む「たけうち」の社長、武内明男被告(79)は、2020年7月と2021年5月、家屋の解体工事で生じた木くずなど、産業廃棄物、合わせて約176トンを備前市の山林に不法投棄した廃棄物処理法違反の罪に問われています。

岡山地裁で開かれた15日の初公判で、武内被告は、「廃棄物を不法投棄したことに間違いないが、廃棄量には誤りがある」と起訴内容を一部否認しました。

検察側は、冒頭陳述の中で、被告は、従業員に廃材を運搬させ、その上から廃プラスチック類を覆いかぶせるよう指示したなどと犯行の経緯を指摘しました。

一方、弁護側は、被告は廃材をみだりに捨てておらず、検察側が指摘する廃棄量には達していないなどと主張しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加