武尊「負けたら全て失うと思ってた、心と体を治してまた前を向いて進む」新たなメッセージつづる

武尊「負けたら全て失うと思ってた、心と体を治してまた前を向いて進む」新たなメッセージつづる

  • イーファイト
  • 更新日:2022/06/24
No image

天心に判定負けを喫した武尊、試合後の想いをSNSに綴った。

6月19日、東京ドームで開催された『THE MATCH 2022』で那須川天心に判定負けした、武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が本日23日夜にSNSを更新。試合後の想いを綴った。
武尊は「この10年間、勝ち続けてることで自分の存在価値があって負けたら全てを失うと思ってた。負けた後の想像をするだけで毎日怖くて寝れなくて今周りにいる人達やファンも負けたらたくさん離れていくのを覚悟してた」と勝ちだけが現在の自分を支えていると思っていた。しかし意外にも花道で温かい言葉で声をかけられたという。

【フォト】武尊が敗戦後、涙でリングを降りる瞬間、花道ではファンからは暖かい声(6枚)

武尊は「でもリングを降りて花道を退場しようとしたら敗者の僕に対してたくさんの人が集まってきてくれて、みんなが「ありがとう」と言ってくれた。そんな言葉を貰えると思ってなくて涙が止まらなかった。その時の声や景色を思い出すだけで今も涙が止まらなくなる。勝って報われることは出来なかったけど、こんなにたくさんの人に試合を見てもらえて、たくさんの人が一緒に泣いてくれて生きる希望を貰いました。と言ってくれる人がいて、心と身体がボロボロになっても命を削って戦ったこの10年が報われた気持ちになりました」と綴った。

No image

3R、天心にパンチをヒットさせた武尊

結果は負けたが、最後まで戦いつづけた姿、1Rはダウンを喫したが、3Rはダウン覚悟でノーガードでアグレッシブに攻めたシーンもあった。自身の攻撃にカウンターを取る天心、それにさらにカウンターで迎えヒットさせる場面も作るなど、濃い時間だった。

最後に武尊は「満席の東京ドームでこんな景色を見せてくれて僕に関わる全ての人達に心から感謝しています。本当にありがとうございました。心と体を治してまた前を向いて進みます」と新たな意気込みを語った。
今後は再びK-1で再起か、新たな分野に挑戦か。その動向を見守りたい。

▶︎次のページは【フォト6枚】武尊が敗戦後、涙でリングを降りるシーン、花道ではファンから暖かい声も
【フォト 全6枚】武尊が敗戦後、天心に声をかけ、涙でリングを降りるシーン、ファンから暖かい声も(写真はクリックで拡大します)

No image
No image
No image
No image
No image
No image

◀︎この写真の記事へ戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加