デジタル派が増えている今でも大人気!【SMYTHSON(スマイソン)】のスケジュール帳

デジタル派が増えている今でも大人気!【SMYTHSON(スマイソン)】のスケジュール帳

  • fashion trend news
  • 更新日:2021/10/14
No image

10月に入って気になり始めるのが翌年のスケジュール帳。アプリで管理する人が増えているなか、「やっぱり書きたい」「あえて持ち歩きたい」と根強い人気を誇るのが【スマイソン】の“パナマ”シリーズ。2022年版の新色とともに、その魅力に迫ります!

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

ロイヤルワラントを授与されている【スマイソン】

1887年創業以来、英国を代表するラグジュアリーブランドとして、著名人やアーティストに愛されている【スマイソン】。英国王室御用達の認定証であるロイヤルワラントを授与されていることでも有名です。気品を保ちつつ、FSC(森林管理協議会)の認証を得た紙を使用したり、水をほぼ使用しない製造工程を採用するなど、サスティナブルなもの作りにも注力しています。

[ 関連記事を読む - RC ]

すべての製品は、熟練の職人の手作業によるもの。そんな背景を知ると、より愛着がわいてきます。

No image

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

今回は、スケジュール帳のなかでも人気No.1の “パナマ”シリーズにフォーカス!

パナマシリーズが誕生したのは、1908年。摩擦や折り曲げられることなどを想定した丈夫な装丁だったことから“本のパナマ帽”として知られるようになり、このシリーズ名となったのだとか。こちらが、当時実際に使われていたデビュー年が刻印されたもの!

No image

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

2022年版は新色を含め8色展開!

伝統を守りつつ、時代に合わせて少しずつアップデートし、現在は2022年版が発売中。ブランドのシンボルカラーであるナイルブルーや定番色のほか、新色のウィステリア、ライトスチールを含め8色展開。どれも素敵すぎて、とてもとても迷います! 手のひらサイズで薄いので、バッグに入れてもかさばりません。

No image

ブラック ¥8,600[サイズ:H14×W9㎝]画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

ネイビー ¥8,600[サイズ:H14×W9㎝]画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

ナイルブルー ¥8,600[サイズ:H14×W9㎝]画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

スカーレットレッド ¥8,600[サイズ:H14×W9㎝] 画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

ラピス ¥8,600[サイズ:H14×W9㎝] 画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

ライトローズウッド ¥8,600[サイズ:H14×W9㎝] 画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

ウィステリア ¥8,600[サイズ:H14×W9㎝] 画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

No image

ライトスチール ¥8,600[サイズ:H14×W9㎝] 画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

長年愛され続けている理由とは……

カバーは、やわらかくて手なじみがいいクロスグレインラムスキン素材。汚れがつきにくく、ケアがしやすいのも魅力です。

No image

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

中ページのレイアウトは、見開き1週間タイプ。

No image

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

特筆すべきは、その紙質。普通紙の約半分の重さと厚さを誇るフェザーウェイトペーパーを使用することで、薄さと軽さを実現。なのに、インクがしみにくいというのがすごい! 地球儀と羽ペンの透かしは、【スマイソン】である証。職人の匠の技によってムラなく施された、側面のメタリックのギルトエッジが高級感を醸します。

No image

画像参照:https://www.smythson.com/jpy/

プラス料金で楽しめるのが刻印サービス。文字やフォント、モチーフなどを追加オーダーすれば、オリジナル感が高まります。
毎年買い足しては本棚に並べて“マイストーリーブック”としてコレクションをしている人もいる【スマイソン】のスケジュール帳。素材やサイズが違う別シリーズも多数あるので、公式オンラインサイトや国内お取り扱い店舗で早めにチェックしてみて。

【スマイソン】
公式オンラインストア https://www.smythson.com/jpy/

Senior Writer:三宅桃子

【ftn_Senior Writer】三宅 桃子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加